歯と歯のすき間が気になる!

30代の女性の症例です。
上の前歯のすき間が気になって来院されました。

より白く美しい仕上がりにするために、まずホワイトニングをして歯全体のトーンを明るくしました。
その後、ダイレクトベニアという方法で、歯と歯のすき間を改善しました。

s20100213190348  s20100213190401

こちらが術前の状態です。

s20100213190426

治療時間は1時間程度でしたが、長年悩んでいた歯並びが改善されて
患者様も素敵な笑顔で帰っていかれました(^^)

s20100213190437

コンプレックスが解消されて、これからは思いっきり笑顔になれますね!

最後に、治療後の感想を頂きましたので、同じ悩みをお持ちの方は参考になさって下さい。

s20100213190453

カテゴリー:

~治療を終えられた患者様の声~

治療を終えられた患者様の声をご紹介致します。

<20代・女性>

 

s20100116111253

 

<40代・女性>

 

s20100116111319

 

<50代・男性>

 

s20100116111330

 

<20代・女性>

 

s20100116111305
<70代・女性>

 

s20100116111342

 

<20代・男性>

 

s20100116111356

 

<30代・女性>

 

s20100116111409

 

<40代・男性>

 

s20100116111421

 

 

皆様ありがとうございますm(_ _)m
治療が終わった今の良い状態を維持していけるように、今後もスタッフ一同精一杯サポートさせて頂きます!

 

 

 

カテゴリー:

歯が1本無いところにインプラントを入れる

20代の女性の症例です。

他院で歯を抜いた後、ブリッジにするように勧められましたが、
気が進まなかったためそのままにしていたとのこと。

※ブリッジとは…
01

ブリッジになると、隣の健康な歯まで削らないといけないことや銀歯が増えることに
抵抗があったそうです。

幸い歯を抜いてから期間が空きすぎていなかったので、骨がしっかりしていて
インプラント治療をすることができました。

↓術前の状態です              ↓インプラントを1本入れました
02 03

↓インプラントを入れて約3ヶ月後
04 ←ジルコニアという白い歯を被せて治療終了です。

周りの歯を犠牲にすることなく、白い歯を取り戻すことができました。

カテゴリー:

神経を取った前歯の変色

20代の女性の症例です。
上の前歯が神経を取ってからだんだん変色してきたことと
その隣の歯が痛いということで来院されました。

術前と術後の写真がこちらです。
s20091226155246s20091226155304

 

 

 

 

 

 

 

痛みがあった歯も虫歯の範囲が広かったので、
2本白い歯(オールセラミック)を被せることになりました。
s20091226170741 s20091226170909

裏から見ても綺麗です。
s20091226164455s20091226164512

 

 
s20091226165903

 

 

 

カテゴリー:

歯周病で骨がやせた場合のインプラント手術

今回は…

・インプラントをすすめられていたが
なかなかふんぎりがつかなくて部分入れ歯にしていた人

・もうこれ以上自分の白い歯を削りたくない人

・入れ歯に不満足な人

・やっとの思いでインプラントを決心したが
骨がないから無理です、といわれた人

…という方に朗報です!!

患者さんは51歳の女性です。

左上の犬歯のうしろの歯が歯周病でぐらぐらしていたが、
なかなか抜くのにも踏ん切りがつかず、そのままにしていたとのこと。

しかしやはり
「白い糸切り歯を削ってブリッジにするのは嫌、もうこれ以上銀歯を増やしたくない」
ということで、今回インプラントをする決心をされました。

↓ まずはぐらぐらしている歯を抜きました。
01
左上の奥歯のところは、
歯肉が痩せて窪んでいるのがわかります。

歯周病の歯をぎりぎりまで残しておくと
歯を支えている骨がなくなってしまい
インプラントをするのに非常に難しい状態になります。

いくらインプラントが固定式だといっても、インプラントを支える骨がない場合は
インプラントの治療自体が難易度の高いものになります。

歯周病で骨がなくなったところに確実に骨をつくる方法には、
自家骨移植術といって、他の部分の骨を
骨のなくなったところに移植する方法があります。

今回の場合、歯周病で歯を抜いたことが原因であり
インプラントと、この自家骨移植術も同時に行った症例です。

骨がなくてインプラントができないと
いわれた人にも朗報ですね。

手術後、患者さんにお聞きしましたところ、
これだけの手術をしても、ほとんど痛くなかったということでした。

オペ中のスライドは、本当は一般の人にお見せしたくないのですが
参考にして欲しいので、今回途中経過を載せることに致しましたのでご了承ください。

02 03
歯がない部分は歯肉・歯槽骨の部分が  麻酔をして実際にインプラントを入れるところ
痩せてだいぶ窪んでしまっているのが   を上から見てみると骨が異常に細くなっているの
わかります。                  がわかりますよね。

↓ このままインプラントを入れたとしても
インプラントが半分くらい表面に出てきてしまうことがわかります。
そこで骨片を採取し、取り出した移植片をスクリューで固定します。
04 05

移植片を固定したところ

↓ 移植片は、左下奥歯の親知らずが生えてくる部分から
1cm×1cm程の大きさで、採取します。
06 07

↓ インプラントオペから2週間後。歯肉も骨もしっかりと回復しています。
08 09

この方法だと、骨の移植とインプラント手術が同時にできるので
患者様の身体的・精神的負担を軽減できます。

現時点で、歯の根が完成した状態です。

約3ヶ月後、インプラントを入れ、白い歯を被せて治療が完了しました。
10 11
12

アゴの骨も歯ぐきも回復し、
銀歯ではなく白い歯が入りました。
13 14

カテゴリー:

Page Top