ジルコニアクラウンで変色した前歯をキレイに

k-17893

30代女性の症例です。
以前治療した前歯が変色しているので、お口の中を診せていただくと、前歯はレジン(歯科用プラスチック)で治療してあり、この歯に経年変化による変色とコーヒーなどの着色がありました。
今回は高品位セラミックによる治療計画を立てました。

a01

a02

矢印の箇所は歯茎との間に隙間ができていました。原因は不適合な被せ物にあり、歯肉に炎症が起こり、結果として歯肉退縮したものです。

a03
銀の土台まで外したかったのですが、レントゲンで確認したところ、外してしまうと、根っこに悪影響を及ぼしそうでしたので、今回はこのままで治療することを決断しました。

a04

周りの歯に合わせて色味、透明感を調整して製作いたします。

a05

銀の土台が透ける事なく自然でキレイな前歯になりました。 ジルコニアという材料は中の銀色を写しだないのでこのような症例においても有用な材料です。 前歯の変色が気になる方は医療法人健勝会こうづま歯科医院、ローズ歯科アミュプラザ院、ローズ歯科オプシアミスミ院の通いやすい医院へご相談ください。

カテゴリー:

高品位セラミックで「ずっと」綺麗な前歯に

k-17708

50代女性の症例です。

以前治療した前歯が変色している。歯を白く綺麗にしたいと相談を受けました。
お口の中を診せていただくと、前歯はレジン(歯科用プラスチック)で治療してあり、この歯に経年変化による変色とコーヒーなどの着色が見られました。

今回は高品位セラミックによる治療計画を立てました。

a01

 

a02

a03

下の歯が白くなっているのが分かります。
(上の歯は被せ物のですので、ホワイトニングでは白くなりません)
この白さに合わせてセラミックの被せ物を製作します。

 

a04

a05

周りの歯に合わせて色味、透明感を調整して製作いたします。

 

a06

高品位セラミックの被せ物で綺麗な前歯になりました。

セラミックの特徴

  • 透明感があり色味の微調整ができるので、周りの歯に合わせた自然の歯のような仕上がりなる
  • 変色しない
  • 金属を使っていないので、金属アレルギーの心配がない
  • タバコのヤニやコーヒーなどの着色がない.

本患者様は「歯医者が苦手」とのことでしたが、当院では専門のカウンセラーが患者様のお悩みをお聞きし、審美歯科専門の歯科医が治療計画を立て患者様に分かりやすく説明いたします。
以前治療した前歯の変色が気になる方、通いやすい歯科医院へご相談ください。

カテゴリー:

前歯のねじれを高品位セラミックできれいに

k-15356

5年前に前歯(矢印の部分)がバイクで転倒して欠けたので、セラミックで修復した20代女性の方です。
今回、もう片方の歯もまっすぐして欲しいと相談に来られて、再びセラミックによる治療を行った症例です。

e01

 

b02

横から見ると前歯がねじれていることがわかります。

 

b03

前歯2本を高品位セラミックの歯を被せ歯並びをきれいに治療します。
高品位セラミックの被せ物は色、透明感を周りの歯に合わせて製作します。

 

c01

治療後の写真です。
患者様から「鏡を見たら、自分の思い通りの歯並びになり、周りの歯と調和した色形なり、とても満足です。」と感想を頂き、当院スタッフ一同嬉しく思います。

歯並びが気になる方は医療法人健勝会こうづま歯科医院、ローズ歯科アミュプラザ院、ローズ歯科オプシアミスミ院の通いやすい医院へご相談ください。

患者様よりメッセージをいただきました。

お客様の声
※画像をクリックで拡大

カテゴリー:

矯正でキレイな歯並び

k-16167

20代男性の症例です。「上の歯の歯並びが気になる・矯正にも興味がある」と相談を受けました。
矯正についての説明を行い、矯正治療を始めました。

a01

治療前は左右ともに上の歯(矢印)が内側に入っています。
見た目が悪くモノが詰まりやすい状態でした。

 

a02

 

a03

治療期間は平成25年12月から平成28年1月までの約3年でした。
治療後は歯並びもよくなり、

  • 人目を気にせず笑える
  • 噛み合わせもよくなり、食事を楽しめる

と感想を頂き、我々治療したスタッフも嬉しく思います。

当院では専門カウンセラーが個室でご相談、お悩みをお聞きし、経験豊富な歯科医師が治療計画を立て、ご説明いたします。

歯並びが気になる方、矯正治療に興味がある方は医療法人健勝会こうづま歯科医院、ローズ歯科アミュプラザ院、ローズ歯科オプシアミスミ院の通いやすい医院へご相談ください。

患者様よりメッセージをいただきました。

お客様の声
※画像をクリックで拡大

カテゴリー:

根っこの折れた前歯をインプラントで治療した症例

k-17262

今回は歯の痛みを主訴に来院された40代男性の症例です。
レントゲン診査の結果、前歯は歯の根っこの部分が折れていました。
残念ながら骨内で歯根が破折していたために抜かないといけない状況でした。
ブリッジを計画すると両隣のよい歯を削る必要がありますので、今回はインプラントでの治療を計画しました。

a1

 

a2

臨床的に遭遇する症例として、メタルコア装着後の歯根破折があります。
これはメタルコア(金属の土台)は丈夫なのですが、自分自身の歯が割れてくる現象です。
歯科医としては、できるだけ差し歯の治療を避けたいと思います。

a3

 

a4

 

a5

抜歯即時法は抜歯とインプラントの埋入を同時に行いますので患者様への負担を抑えることができます。

 

a6

ジルコニアは金属の土台と違って、年月が経っても変色することはありません。

 

a7

最終的に被せる歯の色を決定します。左隣の歯と調和した色に仕上げなければなりません。

 

a8

治療終了後の状態です。違和感のない歯並びになったと思います。

インプラント治療に興味のかる方は医療法人健勝会こうづま歯科医院、ローズ歯科アミュプラザ院、ローズ歯科オプシアミスミ院の通いやすい医院へまずはご相談ください。

カテゴリー:

Page Top