差し歯がグラグラして取れそう

「前歯がグラグラする」「変色が気になる」との事でご来院された30代女性の症例です。
今回は3本の歯を治療しました。

●●●今回の治療方法●●●
インプラント治療 オールセラミックス治療

 

01

02
グラグラしていた歯は青色の矢印で指している歯です。
写真だけを見ると、問題があるようには見えません。

当院のインプラント専門サイトはこちら
審美歯科専門サイトはこちら

03
しかし、レントゲンを撮ってみると歯茎に埋まっている部分が大きなむし歯なっていて、根っこも炎症を起し膿がある状態で保存不可能ということが分かりました。
04 05
↑グラグラしていた歯のレントゲンです。       ↑抜歯した歯と膿胞です。
むし歯で、根っこがスカスカの状態でした。

インプラントを埋入するには骨が安定して厚みがあり、清潔な状態でなければいけません。
今回は、根っこに膿があったためグラグラした状態の歯を抜く時にインプラント埋入予定の場所を綺麗に清掃し、これ以上骨吸収(骨が溶ける現象)が起こらないようにコラーゲンを入れて封をしました。

歯を抜いて3ヶ月後、骨が安定した状態であることを3DCTで確認してからインプラントを埋入します。
骨の厚みが充分でなかったのでインプラントを埋入すると同時に、骨造成(GBR)を行いました。骨造成を行うことで骨の厚みができ、インプラント体がより確実に骨と結合します。

インプラントを埋入して3ヵ月後、インプラントが骨と結合した状態をレントゲンで確認し、上部構造(歯の形をした被せもの)の製作に入ります。
06 07
↑実際に使用した模型とインプラントのアバットメント(連結部分)と被せ物です。

この時に、神経を抜いて変色が気になっていた前歯2本も同時に治療を行い、オールセラミックスの被せ物をかぶせました。この2本の歯は根っこが正常だったのでセラミックスの被せ物を被せるだけで改善することができました。

インプラントの土台と上部構造の連結部分となるアバットメントを装着し、変色が気になっていた歯にファイバーという土台を立てた状態です。
08
前歯ということもあり、インプラント治療には白いジルコニアのアバットメント、変色が気になっていた歯には白い土台のファイバー採用することで土台も被せ物にも金属を使うことなく審美的にも美しく自然な出来上がりになりました。
09

カテゴリー:

前歯の変色が気になる

50代女性の症例です。

以前から、前歯の変色が気になっていらっしゃったようです。
最初にご本人が気にしていたのは白い矢印で指してある2本の歯でした。
この2本をオールセラミックス治療をしたあと、黄色い矢印で指してある歯の被せ物の色が気になりだしたとのことで、合計3本にオールセラミックスを被せました。

01

02

白い矢印で指してある歯は、神経を抜いて変色していた状態をセラミックの被せ物を被せることで問題点を改善しました。
黄色い矢印で指してある歯は、金属の被せ物にプラスティックが貼り付けてる歯だったため歯ぐきとの境目が不自然でした。オールセラミックでの治療では金属を一切使用しないため、周りの歯と調和がとれとても自然に見えます。
03

こうづま歯科医院(本院)ホームページはこちら

24時間オンライン予約がスタートしました。
ローズ歯科院(分院)ホームページはこちら

カテゴリー:

ブリッジを綺麗にしたい

前歯が気になってご来院された20代女性の症例です。
前歯のブリッジのダミー部が隣の歯より長くて不自然なこと・色や形が気になるとの事でした。
初診時は健康保険適用のブリッジが入っていました。金属の冠にプラスチックが貼り付けてあり、強度はありますが、歯に対して固すぎるので歯を傷める可能性もあり審美的にも美しいとはいえません。
s20120310183949

s20120303144055

 

↑こちらが治療後の写真です。
審美的改善を行うためにオールセラミックスでの治療を行い、
なかでも強度の強いジルコニアを採用しました。

ダミー部の大きさを審美的に改善するために、
歯ぐきの形を自然にする歯ぐきの特殊な治療を行いました。
s20120310185349

ダミー部の歯ぐきが凹んでいるのが分かります。歯が抜けると、顎の骨が溶けて骨吸収が起こるため骨を覆っている歯肉が凹んで見えてしまうのです。処置前にセットしてあったブリッジはすき間を補うために人工歯を大きくして補正していたものと思われます。
骨が溶ける現象はどの歯にも起こる現象ですが、前歯のブリッジの場合は欠損部であるダミー部におこるこの現象がより目に付くようになってしまうのです。
s20120310182943

歯槽骨造成はインプラント治療にも用いられる方法です。
今回の場合は骨造成材を補填することで歯ぐきの凹みを改善することができました。

s20120310141347

 

↑実際にセットしたジルコニアブリッジです。

歯ぐきの凹みが改善された部分のダミー部はオベイトポンティックを採用しました。
今回の症例では審美的に改善するため、金属を一切使用しないオールセラミックでの治療を行いました。セラミックの中でも、美しさと強度を兼ね備えたジルコニアを採用することで今までは金属の耐久性に頼ることの多かったブリッジの治療を金属を使わず行うことができました。

オベイトポンティックとは?
底(歯ぐきに当たる部分)が卵型になっているダミー部のこと。仮歯の状態からオベイトポンティックを歯肉に密着させることで歯ぐきが安定し、実際のブリッジをセットする頃には歯肉がポンティックになじんだ形になり、天然歯のような自然な見た目を手に入れることができます。
オベイトポンティックを採用するには歯槽堤(骨)の高さや軟組織(歯ぐき)の量が必要になります。抜歯などをして骨吸収などが起こっている場合には今回の症例のように事前に歯ぐきの処置が必要になります。 

s20120303141623

3月は結婚式を予定されているとの事で患者様も大満足で治療を終えることができました。
患者様から感想文を頂きましたので掲載いたします。

s20120303143105

 

カテゴリー:

大人の矯正

20代女性の矯正の症例です。
虫歯と左上の小さい歯(水色の丸部分)が気になるとのことでご来院されました。

 

s20120314204852

 

 

レントゲンを撮ると、左上の小さい歯(水色の丸)は乳歯であり、
本来この場所に生えるべき犬歯が前歯の上(黄色の丸)に生えてきている状態でした。

 

s20120314182816

 

 

カウンセリングの結果、水色丸部分の乳歯を抜歯し、
犬歯を正しい位置へ移動する矯正治療を行うことになりました。

 

s20120314205037

 

矯正治療というと「子供がするもの」「器具が目立つ」「歯を抜かないといけない」というイメージがありますが、実際は患者様の口腔内の状態によってどのような方法で矯正をするかは手法が異なります。
今回の場合、抜歯が必要な歯は左上の乳歯のみでした。乳歯を抜歯後、ブラケットという器具を歯の表面に取りつけそこにワイヤーを通す手法をとりました。このブラケットにはいくつか種類があり、今回の症例では目立ちにくいクリアブラケットを採用しています。

犬歯以外の歯に矯正器具をつけ、犬歯を動かす準備ができました。次は、左上の犬歯を奥に引っぱるためにボタン装着し左奥歯を利用してゴムの力で奥に引っ張ります。

s20120314201640

 

 

このとき犬歯は奥に一定方向の力が加わるようにし、
犬歯が入るすき間は左右に開く力が加わる器具をつけています。3ヵ月後、
犬歯が少しづつ動いてきたのでボタンに引っ掛けたゴムを、より力を発揮するワイヤーにかえました。

 

s20120314205142

 

 

矯正開始から約3年後の写真です。犬歯にも他の歯と同様に
ブラケットをつけれるまで移動できました。
この後は矯正で最も重要な噛み合わせを調節していきます。

s20120314183122

 

↑レントゲンを見ると犬歯が正しい位置に移動した事がよく分かります。

 

s20120312205833

 

 

s20120314210903

 

 

移動した犬歯を裏側から見た写真です。
この症例では約3年間かけて綺麗な歯並びにすることができました。
大人の矯正というと「器具が目立つのがイヤ」・「今さら矯正しても意味が無い」
と思われる方もいますが、そんなことはありません。
当院のスタッフも矯正中ですのでご来院の際にはご覧になってみてください。
歯並びを綺麗にする目的は審美面ははさることながら、「かみ合わせ」
を正常にすることなのです。美しい歯並びは、機能美も備えているのです。
矯正には時間がかかるというデメリットがありますが、
当院で矯正治療をされた患者様は
「こんなに綺麗になるならもっとはやく矯正をすればよかった」とおっしゃってくださいます。

歯並びを綺麗にする方法は今回のような方法を含め、
いくつか選択肢があります。
歯並びやかみ合わせでお悩みの方、
患者様のお口の状態にあった治療方法をご提案いたします。ぜひ、ご相談下さい。

s20120312193552

 

 

 

 

カテゴリー:

全顎的な治療-銀歯を綺麗に・義歯をインプラントに-

50代女性の症例です。
右下の奥歯(赤丸の部分)が欠けたということでご来院されました。
●初診カウンセリング後、検診・レントゲン撮影などを行い診断の結果、治療計画は大きく分けて4つに分かれました。
01
白丸部分
アマルガムという金属で治療してありました。
金属と自分の歯のすき間が虫歯になっいたので、外して白い詰め物をつめました。

赤丸部分
神経の治療をして詰め物をしてありましたが奥歯の咬合力(咬むときにかかる力)が強く、欠けてしまいました。今回は手前の歯が欠けてしまいましたが奥の歯も同様の治療をしてありましたので、今後欠ける可能性があります。奥歯の強い咬合力にも耐えれるようにファイバーという土台を立てオールセラミックスの冠を被せることで改善しました。

青丸部分
欠損状態で、義歯を使用中でした。インプラント治療を選択され、周りの歯を削ることなく欠損状態が改善されました。

黄丸部分
一般的に銀歯と言われる状態。金属の土台の上に金属の冠が被せてありました。
現在の銀歯でも問題なく使用できていましたがカウンセリングの結果、赤丸部分と同様にファイバーという土台とオールセラミックの冠を被せなおしました。

02

今回は審美面よりも、機能面・安全面に考慮してに改善することが重要視されました。

審美治療というと、人から見える前歯を中心に行って機能面は二の次・・・というイメージがありますが当院では審美面・機能面・安全面全てにおいて自信をもって審美治療やインプラント治療を行っております。患者様から感想文をいただきました。

03

感想文ありがとうございました。
今後はメンテナンスをして今の状態を保っていきましょうね。

カテゴリー:

Page Top