2020/10

むし歯が進行し変色した前歯をセラミックで治療

a-7357

20代女性の前歯の虫歯治療をセラミックの被せ物で治療した症例です。

a01

お口の中を診せていただくと、虫歯が進行しており、歯を削り神経を抜く治療が必要でした。

削った箇所に保険治療ですとコンポジットレジン(歯科用プラスチック)、自費診療ではセラミックの歯を被せる治療があり、
カウンセリングでそれぞれのメリット・デメリットを患者様に説明しました。

【コンポジットレジンのメリット】
治療費が安い(保険治療)

【コンポジットレジンのデメリット】
表面のレジンが年数が経つと変色する。
裏面と中が銀色。

【セラミックのメリット】
自然な色、透明感があり、綺麗な歯並びが再現できる。
年数が経っても変色しない。

【セラミックのデメリット】
保険が効かない(自費診療)

a02

今回の症例ではセラミックの歯を被せる治療を選択されました。

a03

治療後です。綺麗な歯並びになりました。

前歯の治療でお悩みの方、当院にご相談ください。
審美歯科の経験豊富なドクターが治療を担当します。

カウンセリングは無料です。医療法人健勝会の3医院にご相談ください。

患者様よりメッセージをいただきました。

お客様の声
※画像をクリックで拡大

カテゴリー:

Page Top