2017/11

被せ物の作り替えとアタッチメント義歯で噛めるように治療パート2

60代女性、インプラント義歯と前歯の美しくした症例です。

 

01

 

前回、インプラント治療を本ブログで紹介しましたが、
(インプラント治療はこちらをクリックしてご覧いただけます)
今回、インプラントが骨に固定されたので、ロケーターという装置で動きにくい義歯を作成しました。

下顎の総義歯は動きやすく痛みが出やすいので我々臨床医は良い結果がでにくく難症例になる事が多いのですが、インプラントを利用するとこれらの問題が解決されるので、患者様にとってもよい治療だと思います。

 

02

ロケーターのついたアタッチメント義歯の特徴

  • インプラントを固定源とするのでズレないでよく噛める。
  • しっかり固定しますので外れる心配がない。
  • 患者様自身で取り外しができるので管理が簡単。

03

今回はインプラント義歯と被せ物のやり替えの治療でした。
抜歯即時法でインプラント治療を行い、
ロケーターというアタッチメントのついた義歯を作成しました。
患者様の外れやすい、痛い、よく噛めない、口元が不自然だという
悩みを解決できたと思います。

カテゴリー:

Page Top