2014/01

違和感のない、ズレ落ちない総入れ歯(今回は磁石を使った義歯)

明けましておめでとうございます。

今年も鹿児島の歯医者「医療法人健勝会こうづま歯科医院・ローズ歯科医院」を宜しくお願い致します。
今年最初の症例は50代の男性の症例です。

Before

症例 Before

奥歯の骨が歯槽膿漏のため溶けてなくなっており、骨の厚みがない状態でした。
前歯の糸切り歯から糸切り歯までの間に4本のインプラントを入れて、磁石を利用して止める方法を取りました。
「違和感のない・ずれない・落ちない総入れ歯」がご希望とのことで、今回はインプラント義歯を提案しました。

After

症例 After

この治療法の利点は、自分で総入れ歯を着脱することができるので、将来的に入院した場合でも、普通の義歯と同じ管理ができるので、複雑な作業が必要ありませんので安心できます。 見た目は自然な歯と遜色ないので、審美的にも美しい仕上がりになります。

個人差はありますが、だいたい3ヶ月ほどでしっかりと、骨と歯茎が出来上がり、インプラントが固定されます。入れ歯はインプラントと磁石で固定し、入れ歯の骨組みには軽くて丈夫なチタンという金属を使用しました。上顎ににあたる部分をくりぬいた形のため、総入れ歯にもかかわらず舌感がよく、違和感がない作りになっています。

12

通常、青丸の部分をくりぬくと義歯が落ちたり、外れやすくなるのですが今回はインプラントと磁石で義歯を留めますので、会話中や食事中にも簡単に外れることはありませんので安心です。

また、マグネットによりしっかり固定するため、物を噛んだり、しゃべるときにずれても、落ちる心配がありません。

症例 Before
症例 After

磁石に接着するインプラントを埋め込みます。

入れ歯に磁石を埋め込みます。

症例 Before
症例 After

このように入れ歯に固定されます。

症例 Before
症例 After

義歯を装着する前の写真です。

義歯を装着した状態の写真です。マグネット磁石で固定されているのでずれることなく安心して会話やお食事を楽しんでいただけます。

カテゴリー:

Page Top