2013/08

親知らずが生えて歯並びが悪くなった!

30代 女性の症例

患者様のご希望:親知らずが歯を押してきて前歯がずれた

治療部位:前歯

治療内容:前歯の審美治療(オールセラミックス:e-MAXクラウン

前歯の歯並びが気になって来院された30代女性の症例です。

当院のホームページで症例写真をご覧になられ、ご自分と同じような歯並びの人が綺麗になっているのを見られて、自分も綺麗になるのかとのご相談でした。

患者様のご希望は、親知らずが生えたきたことにより押されて斜めにずれた前歯をまっすぐ綺麗にしたいとのこと。

矯正治療も検討されましたが期間がかかるとのことで今回は被せ物で歯並びを改善する治療を選択されました。

Before

症例 Before

親知らずが生えてきたことにより歯並びが変わってしまった状態です。

After

症例 After

治療後の写真です。
斜めにずれていた歯並びが奇麗に改善されています。
通常、被せ物(差し歯)の治療には金属を使用した被せものを使用しますが、今回はオールセラミックで治療を行いました。
オールセラミックは審美面に優れいていることはもちろん、生体親和性に優れているので金属を使用した被せ物よりも身体に優しいといえます。
また、土台となる素材も通常の金属を使用したものではなく、ガラス繊維のファイバーなのではぐきから黒ずんでみえることもなく美しい状態を保つことができます。+

実際に使用したオールセラミッククラウン

治療後 口元写真

症例 Before
症例 After

当院で使用する被せ物はすべて、オーダーメイドです。
色も形も患者様の口腔内に合わせて製作するので実際に被せ物を装着したときにどの歯が被せ物かわからないほど美しい仕上がりになります。

笑ったときに見える歯が奇麗になり患者様も「自然に笑えるようになった!」と喜んでいらっしゃいました。

カテゴリー:

Page Top