2012/11

矯正日記001

こんにちは。
こうづま歯科医院スタッフです。

今回、こうづま歯科医院にて矯正治療をすることになりました。
今日から矯正治療の様子を写真付きで更新していきます。

私が矯正しようと思ったのは、理事長先生と歯科衛生士さんの勧めがあったからです。
見た目はもちろんですが、歯並びが悪いと将来的に重度の歯周病
(歯槽膿漏)になる確立が高いことが矯正を始める一番の要因でした。

私の歯は「八重歯」といわれる歯並びで、歯が並びきっていない状態です。

 

s20121124192550

 

 

診断の結果、きれいな歯並びにするためには抜歯が必要とのことでした。

次回の治療予定は上の歯の抜歯です。

抜歯が終わったらブログにて報告します。

お楽しみに♪

カテゴリー:

前歯のすき間に歯が!自然な歯並びに改善したい

前歯の歯並びが気になり来院された40代女性の症例です。

s20121110121215 s20121110121736

正常な歯並びと違い、通常前歯の隣にあるはずの歯が口の中心から生えています。
自然な口元にみえるようにするには、まず中心に生えている歯を抜きます。

s20121110135428

空いた隙間を埋めるため矯正治療を行います。
抜歯後、歯全体にブラケットという器具をつけワイヤーを通していきます。今回はセラミックブラケットを使用しています。矯正器具が目立ちにくく、強度も高いため選択されるかたが多いです。

s20121117121026

抜歯後大きく開いていた前歯のすき間は矯正後、約10ヶ月ほどでここまで埋まってきました。また矯正器具をつけていたので綺麗な歯ならびになりました。

s20121110121308

 

中心に揃った前歯の場所は、抜いた歯の歯茎があるため、わずかに違和感のでる空間が存在してしまいます。わずかな空間でも印象が変わってしまうのが前歯です。繊細な治療を要するため術者の技術とセンスが求められます。

 

s20121110124626 s20121110124639

 

 

 

 

 

今回の症例では、歯茎の自然さと今後また前歯の隙間が開いていかないようにセラミックを連結したものをかぶせ物で使用しました。連結になるので強度が必要である事と、天然歯と変わらない透明感のある白さ、また長く使っていただくため着色のしにくさからセラミックを選択されました。

s20121110121721

 

歯と歯茎の境目や、周りの歯との調和も自然になったことで患者様には大変ご満足いただけました。

カテゴリー:

前歯の変色と大きさを改善したい

今回は20代女性の症例です。ホームページに多くの症例写真が載っていたことからご来院されました。
5年前自転車で転び前歯を損傷。神経が死んでしまったことで変色してきたようです。
また以前から前歯の大きさも気になっていたようです。
s20121110173428

s20121110173740

 

よりきれいな仕上がりにするため、ホワイトニングで歯を白くした後、
被せ物を作りました。前歯をセラミックでつくることで天然歯に近く、
着色もしにくく、長い間良好な状態を保つことができます。
s20121110174102s20121110174113

 

 

 

 
前歯の色と一緒に気にされていた大きさは歯の長さを短くすることで改善されました。

患者様から
・「予想以上にきれいな歯になった」
・「歯のことを気にせず笑えるようになった」
・「自分に一番合った治療を提案してもらった」

などうれしい感想をいただきました。是非前歯で悩んでいらっしゃる方は参考になさってみてください。
s20121110164652

カテゴリー:

Page Top