2011/04

歯茎のふちの黒っぽさと歯を白くきれいにしたい

今回は前歯を白くしたいと思い、インターネットで良い歯医者さんを探して当院へお電話くださった20代女性の患者様です。治療前の状態は歯ぐきが腫れて赤みが出ていました。ご希望はとにかく長持ちする治療を説明してほしいとの事でした。日頃から歯科専用の歯みがき粉やグッズなどをお使いになりきれいに保っていらっしゃいました。

しかし今回ご希望の歯茎のふちの黒っぽさをきれいにするにはケアだけではどうにもなりません。

今までお使いの前歯は表側は白いプラスチックですが、裏側は銀になったものをかぶせていました。これが長い間使用しているうちに少しづつ銀が歯茎に透けてみえるようになってきたようです。
このような状態から、違和感のない白い自然な歯に近づけるために歯の芯(=コア)にファイバーポストを立て、その上に透明感の高いセラミックをかぶせることで周りの歯と自然な調和をとることができました。

 

s20110411182154 s20110411182222 s20110411182233

 

 

カテゴリー:

前歯の着色を落としたい

前歯が痛いとの事で来院された20代女性の症例です。虫歯になっていたようですが、前歯であることからできるだけ白いかぶせもので治療したいとのご希望でした。

審美的な要素と今後の虫歯予防のためにもオールセラミックでの治療を選択されました。オールセラミックは歯との親和性がとても良い素材です。歯との密着度合いが高いほどすき間から汚れも入り込みにくいですし、表面がなめらかですので歯みがきで簡単に落とせるという機能性があります。

s20110423173055 s20110411191926 s20110411191939

 

 

歯の痛みもとれ、より天然歯に近い仕上がりに満足していただきました。

 

カテゴリー:

前歯の変色をなおしたい

3~4年前、前歯をラミネートベニアできれいに治療されたようですが、食事中に折れたとの事で来院された30代女性の症例です。前歯の変色が進み、周囲の歯の色との間に差が出てきていました。
折れた事をきっかけに、できるだけ長くきれいな状態で保てるようにとIPS e.max にしました。前歯全体を覆うため、着色がつく心配も少なく強度も高まり今まで以上に自然な仕上がりになりました。

s20110405131830 s20110405131845 s20110405131859 s20110405131911

 

 

 

カテゴリー:

Page Top