2010/08

前歯にある銀色のふちが気になる

前歯の歯ぐきのふちが気になられた50歳女性の症例です。何年も前に処置をされたようですが、最近グラグラしてきているということで、今回オールセラミックで治療を行いました。
特に口元のなかで一番目につきやすい前歯ということで、審美的な要素や歯の機能性も兼ね備えたオールセラミックの治療が最適です。
s20100831121708 s20100831121722

今までよりもずっと口元が明るく見えます。
また思いっきり笑っても気になりません。
天然の歯に近くとても自然な仕上がりです。
以下は、患者様からいただきました感想文です。
同じようにお困りのかたは是非参考にされてみてください。↓
s20100928090829

 

カテゴリー:

前歯の歯並びと歯茎が気になる

今回は歯周病が進み歯ぐきにすき間ができ、また10年前に入れた前歯が不自然になっているということでご来院された50代女性の症例です。
s20100817100117

s20100817100132

s20100817100155 s20100817100208

 

 

 

 

歯ぐきのブラッシングの指導を受け、健康的な状態に戻ってきました。
長年に気になっていた前歯はメタルボンドで連結し、
周りの歯の色や形と違和感なく仕上げました。
ご本人も、とっても気に入っていただき毎日鏡をみるようになったようです。
“ニコッ”と笑うことが楽しくなりさらに楽しい時間を過ごしていただければと思います。
以下は患者様よりいただきました感想文です。↓

s20100818152309

 

 

カテゴリー:

差し歯の歯ぐきが下がって気になる

差し歯をしている箇所の歯ぐきが気になるということで来院された40歳代女性の症例です。昔、他院で高い金額で入れたようですが、歯ぐきが下がってしまい不自然な歯に悩まれていました。

ホワイトニングを行い、少しでも白い状態になった歯にしてから新しい差し歯にすることで、より仕上がりに満足が得られると思います。

また今回は以前のような事にならないように、その後のメンテナンスの方法もしっかりお伝えしました。ついつい治療後はキレイになったことで満足しがちですが、この状態を維持できるようにサポートするのも歯科医院のお仕事です。

定期的に状態を診てもらい、症状が進まないうちに対処することで時間もお金も節約できと思います。お気軽にご相談ください。

 

s20100811104640 s20100811104657

カテゴリー:

矯正せずに前歯のすき間を整え、さらに歯を白くしたい

今回の症例は、20代の若い女性のかたです。前歯の審美的な改善を主訴に当科を受診されました。まず、虫歯が一本もなく過去に虫歯の治療経験が見られないすばらしい口腔内状態でした。

上顎前歯のすき間、少々の前突感が気になるということでした。とにかく綺麗な歯をされていますのでまず第一選択は歯科矯正でした。しかし、時間的制約があるということで双方で検討した結果、オールセラミックによる治療方法になりました。

このような症例の場合、治療前と後で不自然な仕上がりにならないこと、患者様の要求を満たすこと、そして隣在歯と調和がとれて違和感なくセラミックが入ることが一番重要になってきます。一言で言うと治療したかいがあると患者様に感じてもらわないといけませんね。

ホワイトニングもキャンペーン中なので、数回ホワイトンニングをしてから治療に入りました。途中、歯の形態を実際にお口の中で合わせながら担当技工士と打ち合わせを綿密にして完成に至りました。結果は患者様にも大変満足していただき、写真のように自然な仕上がりとなったことに私も大変やりがいのある内容になりました。

患者様に了解を得て、写真と感想文を掲載しますので同じような悩みをお持ちのかたは参考にしてください。

前歯のすき間が気になります。↓

 

s20100802121948

 

こんなに自然な仕上がりになりました。↓

s20100802122012

 

技工士のかたとの綿密な打ち合わせを行い仕上がったオールセラミックです。↓

s20100803111536

 

 

 

前突感がここまで自然な形になりました。↓

s20100803111608

 

矯正もせずここまでとても素敵な口元になり、大変ご満足していただけました。↓

 

s20100803111629

 

s20100803111918

 

カテゴリー:

Page Top