2009/08

歯磨きでは落ちない黄ばみに

歯の色が気になっている40代の女性です。
当院のホームページでホワイトニングのことを知って今回来院されました。

何とか黄ばみを落とそうと、ついつい歯磨きの時に力が入りすぎて
歯ぐきを痛めていました。

年齢を重ねると共に、
歯の色はどうしても黄ばんだり、くすんだりしてきます。

また、コーヒーやタバコによる着色は、
一度付いてしまうと歯磨きだけでは落ちません。

このように歯磨きでは落ちない歯の着色は、
「ホワイトニング」で解決することができます。

 

 

<術前> 

症例 Before

<術後>

症例 After

ホワイトニング後は黄ばみが取れ、すっきりと透明感のある、より美しい口元になりました♪

患者様も
「こんなに短時間で解決するなら、
もっと早くすればよかった!」

とおっしゃっていました(^^)

ホワイトニングは「口元のアンチエイジング」です!
白く清潔感のある口元は、きっとあなたの印象を若返らせますよ♪

カテゴリー:

テトラサイクリン歯の悩みをセラミックで解決!

テトラサイクリン歯の色が気になっている、40代女性の症例です。

※テトラサイクリン歯とは…
胎児~幼少期の歯の形成期にテトラサイクリン系の抗生物質を採ったことで
歯の象牙質に着色を起こし、容易に除去することができなくなる症状です。

主に歯に薄い縞模様が見られるようになります。

s20090822101204s20090822101217

 

 

 

 

 

 

以前から歯の色が気になっていたけれど
年を重ねるにつれて色が濃くなってきた気がする、とのことで
ご友人の勧めもあり、来院されました。

↓歯の色・歯並びが気になっていました。
s20090822102235

s20090822102252

今回は、患者様から
「今ある自分の歯をなるべく削りたくない!」というご希望があった為
歯をあまり削らずに、上から薄いセラミックを貼り付ける
「ラミネートベニア」という方法をメインに、
審美的に難しいところにはセラミック(ジルコニア)を組み合わせて治療しました。

歯の色・歯並び共に改善されたことで、
口元がより明るく・美しい印象になりました。

 

カテゴリー:

抜歯と同日にインプラントを埋め込む…「抜歯即時インプラント」

「右上の奥歯がぐらぐらして噛めない」とのことで来院された
50代男性の症例です。

↓ 上に被っていた冠を取ってみると、歯の根が折れてしまっていました。
01

今回は、抜歯と同時にインプラント治療をする「抜歯即時インプラント」を行いました。

「抜歯即時インプラント」とは…?———————————

通常、歯を失ったところの顎の骨は萎縮してしまいます。
ですから、歯を抜いてから期間が空いた場合
インプラント治療の際に骨を作る二次的な手術が必要なことがあります。

それを改良したのが「抜歯即時インプラント」です。

歯を抜いてすぐにインプラントを入れるので、骨が萎縮しません。
また、「インプラントのための手術」として気構えせずに
抜歯の流れで治療を受けられます。

インプラント手術をした当日に仮歯を入れられますので、
外見上も日常生活に支障はありません

—————————————————————–

↓抜歯と同日に、インプラントを                ↓被せものが出来上がるまで
埋め込む手術を行いました。               仮歯を入れるので安心
02 03

↓インプラントの土台”アタッチメント”     ↓セットするセラミックの冠です
04 05

↓まずはアタッチメントが入り…        ↓セラミックの冠もセットされ、完了!
06 07

「抜歯即時インプラント」のメリットは、治療期間が短縮されるのはもちろん、
患者様の身体的・精神的な負担が軽減されることです。

これからは、もし歯を抜くことになったら、
「時間ができてから…」「今はお金がないから…」と先延ばしにするのではなく、
抜く前に色々な治療方法を検討することが大切ですね。

カテゴリー:

Page Top