インプラント・審美歯科等併用の症例

被せ物の作り替えとアタッチメント義歯で噛めるように治療

60代女性、インプラント義歯と被せ物のやり替えを治療中の症例です。

長年かかりつけの歯科医院で治療していましたが、歯が抜けきて、義歯を作ってもなかなか噛めないが主訴でした。
お口の中を見せて頂くと、被せ物が不適合であり、下の顎の骨がだいぶ吸収されていて義歯が不安定でした。
不適合な被せ物のやり替えと、下顎はインプラントを利用して義歯が動かないように治療方針を立てました。
患者様にも了解していただき、治療を開始しました。

 

s01

 

s02

上の歯は高品位セラミックで作り替えました。

 

s03

高品位セラミックの被せ物をセットしました。
高品位セラミックは透明感があり自然の歯と見分けが付きません。

 

s04

歯茎がやせており、義歯をしっかり支えることができません。
今回はインプラントを埋入し、磁石の力で義歯を固定する治療を行います。

 

s05

歯を抜くと同時にインプラントを2本埋入しました。
抜歯即時インプラントは改めてインプラントを入れる手術をしないので、患者様の負担が軽減されます。
現在はインプラントと骨が結合するのを待っている状態です。
インプラントと骨がしっかり結合しましたら、ロケーターというアタッチメント義歯を装着します。
装着後、当症例ブログで紹介したいと思います。

カテゴリー:

全顎的な治療-銀歯を綺麗に・義歯をインプラントに-

50代女性の症例です。
右下の奥歯(赤丸の部分)が欠けたということでご来院されました。
●初診カウンセリング後、検診・レントゲン撮影などを行い診断の結果、治療計画は大きく分けて4つに分かれました。
01
白丸部分
アマルガムという金属で治療してありました。
金属と自分の歯のすき間が虫歯になっいたので、外して白い詰め物をつめました。

赤丸部分
神経の治療をして詰め物をしてありましたが奥歯の咬合力(咬むときにかかる力)が強く、欠けてしまいました。今回は手前の歯が欠けてしまいましたが奥の歯も同様の治療をしてありましたので、今後欠ける可能性があります。奥歯の強い咬合力にも耐えれるようにファイバーという土台を立てオールセラミックスの冠を被せることで改善しました。

青丸部分
欠損状態で、義歯を使用中でした。インプラント治療を選択され、周りの歯を削ることなく欠損状態が改善されました。

黄丸部分
一般的に銀歯と言われる状態。金属の土台の上に金属の冠が被せてありました。
現在の銀歯でも問題なく使用できていましたがカウンセリングの結果、赤丸部分と同様にファイバーという土台とオールセラミックの冠を被せなおしました。

02

今回は審美面よりも、機能面・安全面に考慮してに改善することが重要視されました。

審美治療というと、人から見える前歯を中心に行って機能面は二の次・・・というイメージがありますが当院では審美面・機能面・安全面全てにおいて自信をもって審美治療やインプラント治療を行っております。患者様から感想文をいただきました。

03

感想文ありがとうございました。
今後はメンテナンスをして今の状態を保っていきましょうね。

カテゴリー:

前歯の見た目と奥歯で物が噛めるようになりたい

奥歯がなく物が噛めないので全体的に治療を希望をされている40代女性の患者様です。
また幼い頃から抗生物質(テトラサイクリン系)をよく飲まれていた為か、
歯の着色が目立つようになっていました。重度の歯周炎もあり、
同時に歯茎の治療も行っていきました。
歯周病を治療せず歯の見た目だけ治していくと、
せっかく入れたものが長持ちしなくなります。
s20110809182631

s20110820105337

s20110826154054

s20110826154111
↓下のレントゲンでも分かるように、上の歯左右ともに奥歯がありません。また、
前歯は銀色の被せ物が大きく覆っています。下顎も左右歯のないところがあります。
s20110826154243

 

まず前歯ですが、向かって右側の前歯は下がっていた歯茎をなおす治療を行いました。
また前歯5本は白い土台のファイバーポストにし、
黒くなっていた前歯は抜歯をしました。
抜歯後すぐに仮歯を入れているので少し出血痕が見られますが、自然となじんできます。
s20110809182940 s20110809183001

 

 

 

 

左側は仮歯で、右側は実際に入れたジルコニアのブリッジです。
通常、前歯にはセラミックを使用しますが、
ブリッジにする場合多くの歯を支えるため強度のあるジルコニアを使用しています。
s20110809183036 s20110809183134

 

 

 

 

患者様は固定式の歯を希望されていましたのでインプラントを選択されたのですが、奥歯がなくなり時間が経っていたので、骨はどんどんやせてしまっていました。すぐにインプラントを埋入することができず、骨の高さや幅を増やす(歯槽堤増大術)外科処置を行いました。その後、約3ヶ月経ったのちインプラントを埋入しました。以下のスライドは右上2本、左上3本のインプラントにジルコニアをセットしたものです。
s20110809183310 s20110809183416

 

 

 

 

前歯のブリッジと奥歯のインプラントで
審美面と機能面のどちらもかなうことができました。
また歯周病の治療を行い歯茎の状態もよくなり
治療した歯が一層健康で自然な仕上がりに見えます。

↓次に下顎ですが、左右の奥歯はインプラントで固定式の歯にし、
銀歯の被せ物のところは見た目と
今後のお口の中を審美的に維持していくため
白い土台をたてなおしジルコニアの被せ物にしました。
以下の画像はインプラントをいれた奥歯の状態です。
s20110826162157 s20110826162215

 

 

 

s20110826162240 s20110826162312

 

 

 

 

↓右下前歯もインプラントを行い、白い被せ物をセットしました。
右側の写真は実際にセットしたジルコニアです。
前歯側になるので土台も白く天然歯に近い仕上がりになりました。
s20110826164457 s20110826164514

 

 

 

s20110826162437

 

レントゲンで見ても確認できるように上下に固定式のインプラントが入っているので
両方の奥歯でしっかり噛めるようになっています。

カテゴリー:

奥歯の痛みと前歯をきれいにしたい

1年前に他院で神経を抜いた上の奥歯が痛むとの事でご来院された20代男性の症例です。前歯も虫歯になっており、同時に治療を進めました。
01
↓左上の白く被せてある場所にインプラント治療を行っていく様子です。
02

03
↓インプラント治療後の口の内側を撮影したものです。
04
まず奥歯に関しては、他院での治療途中で神経が抜いてあり白い仮封をした状態でした。神経を抜いた歯は歯への栄養が行き渡らずもろくなってしまいます。この歯は抜歯するしかありませんでした。抜歯後の選択肢としてブリッジ、義歯、インプラントがありますが、周りの健康な歯に負担をかけないようインプラントを選択されました。

また前歯は虫歯が進んでおり、神経が残せない状態でした。神経がないと変色してきますので特に前歯は今後周りの歯と色の違いが出てこないようにオールセラミックを入れることを選択されました。虫歯にもなりにくいですので安心です。
05

06
白くきれいな前歯になり随分印象が変わりました。

カテゴリー:

Page Top