小児の歯列矯正

子供の受け口を取り外し可能な装置で矯正した症例

当院にフッ素塗布などで定期的に来院されているお子様の反対咬合(受け口)のご相談がありました。

 

001

下顎の過成長が原因で受け口になっています。

機能的矯正装置FKO(エフカオー)を装着し、噛むことにより歯並びを調整する治療を行いました。

 

 

f03

※FKOは患者様のお口に合わせて製作します。

FKO(エフカオー)を取り付けた写真

症例 Before

FKO(エフカオー)の特徴

主に成長期の子供に使用します。

上下顎の前後的関係を治すために使用します。上下前歯を突き合わせた位置で顎の位置を保持することにより、顎の前後関係を正しく矯正します。

ご自分で簡単に取り付け取り外しが可能です。歯磨きなどの口腔清掃の妨げにならないので、固定式の矯正装置と比べ虫歯の心配が少なくなります。

After

症例 途中経過

本症例では約4ヶ月で上下の前歯の前後を正しく位置調整できました。

お子様の顎は成長途中なので、矯正装置で顎のバランスを矯正することが可能です。顎のバランスを調整することで将来、永久歯が生えてきた時に綺麗な歯並びが期待できます。

当法人の3医院(こうづま歯科医院、ローズ歯科アミュプラザ院、ローズ歯科オプシア院)では最新の3次元CTを完備しております。お子様の成長中の骨格を確認しながら、永久歯が生えてからの矯正をなるべく少なくなるように治療計画を立てます。

永久歯に生え変わる前に矯正をしたほうがいい場合もありますので、お子様の歯並びが気になる方はお気軽にご相談ください。カウンセリングは無料です。

カテゴリー:

Page Top