多数歯欠損のインプラント

長年はめていた義歯の前歯をきれいな口元にしたい

2年前に作った前歯の義歯が変色し、見た目が気になり来院された50代女性の症例です。白く自然な口元に見えるようにしたいという事がご希望でした。

下の<Before>画像は前歯の義歯をはずしたものですが、歯茎が腫れているようにみえます。義歯をはめ、噛み合わせ続けることで圧迫されていたと考えられます。
s20130511154130 s20130511154147

今回は抜歯後、当日すぐにインプラントを埋入する手術を行ないました。
患者様には抜歯とインプラント手術の2回の外科処置が
1回の手術回数で済むため身体的、精神的負担が少ないことや、
治療期間が短くて済むなどのメリットがあります。

下の画像は実際に抜歯を行なった歯と同じ場所にインプラントを埋入したものです。
s20130511154202 s20130511154220

 

 

 

 

レントゲンで確認すると2本ともインプラントの固定は良好でした。
実際の被せ物が入る間も、下の右画像のような
仮歯をはめて安心して過ごすことができます。
スクリーンショット 2013-09-19 21.24.29   s20130511154234

 

 

 

 

出来あがった被せ物は審美性と強度を保つことを考え
セラミック素材で前歯を連結したものになりました。
下の左側の写真は初診時に撮影したものです。下の右側の写真のように歯が入りました。
s20130629140924 s20130629140945

 

 

 

 

 

正面からだけではなく、どこから見られても
自然な形と色の前歯に仕上がりました。
セラミック素材を使用しているので、汚れもつきにくく変色しにくくなり
きれいな状態を保つことができると思います。
s20130511154331 s20130511154346

 

 

 

 

 

治療期間:約5ヶ月

カテゴリー:

前歯の黒いふちが気になる。銀色の被せ物を白くしたい。全体的に治療したい。

前歯の虫歯がきっかけになり入れ歯をいれたくないということで全体的に治療をご希望された60代女性の症例です。特に気になっていた前歯はブリッジでつながっていました。装着してから時間が経ち歯茎がやせてきていました。前歯を支えていた土台(コア)の銀色が見えてきて冠のふちが黒く露出していました。また、白い部分も変色していました。
01
以下のスライドは前歯のブリッジを外した状態のものです。外してみると根っこが割れていました。
02

03
前歯のインプラントが入っているところに新しい被せ物をセットします。
04 05
今回は上の糸切り歯が自分の歯なので白い土台を入れました。また前歯の冠のふちが黒く目立たないようにインプラントと被せ物の連結部(アバットメント)も白い材料であるジルコニアアバットメントを使用しました。通常、奥歯は強度的に強いチタンのアバットメントを使用しています。前歯の被せ物がしっかりと固定するようにセットします(↓実際に被せるセラミックとアバットメントです)
06

右上のインプラントが入っているところに新しい被せ物をセットします。
07 08
実際に右上に被せたものです。しっかりと固定します。(↓実際に被せるセラミックです)
09

右下のインプラントが入っているところに新しい被せ物をセットします。
10 11
下顎も歯のない奥歯にインプラント治療をおこない入れ歯ではなく固定式の歯になりました。実際に右下に被せたものです。しっかりと固定します。(↓実際に被せるセラミックです)
12

左のスライド:治療前の上顎  右のスライド:治療後の上顎
13 14

左のスライド:治療前の下顎  右のスライド:治療後の下顎
15 16

17
上顎は銀の詰め物や被せ物がほぼなくなり、白く自然な色の歯になり明るい口もとになりました。

カテゴリー:

入れ歯の悩み、あきらめていませんか?

0102
50代の女性の症例です。
上顎にご自分の歯が残っていないため、総入れ歯を入れていらっしゃいました。

しかし、 

しゃべりにくい
食事中に物が挟まる
粘膜に当たって痛い
人前で話すのがおっくうになっている

ということで、鹿児島市外の遠方より、今回当院に来院されました。

この方のように、総入れ歯をお使いの方ご自分の歯がほとんど残っていらっしゃらない方の場合、「All on 4(オール オン フォー)」という最先端のインプラント治療方法があります。

≪今までのインプラント≫
歯が無いところ全てにインプラントを入れる必要がありました。

≪All on 4(オール オン フォー)≫
インプラントを斜めに入れることによって、噛む力を広く均等に分散できるため、
4本のインプラントですべての人工歯を支えることができます。

インプラントの本数が少なくてすむので、経済的にも身体的にも負担が軽減されます。

被せる人工の歯も、従来の入れ歯とは異なり、ガタガタして食べ物が挟まったり
異物感を感じたりすることがありません。

手術当日に仮歯が入りますので、日常生活にも支障はありません。

03

04

05

最後に、患者様から治療後の感想文を頂きましたので、
同じような悩みをお持ちの方は参考になさって下さい。
06

カテゴリー:

入れ歯のガタつきを解決!

・入れ歯がガタつく、ずれる
・上の入れ歯が落ちやすい
・噛めない
・入れ歯のバネが銀色で目立つ

…という方へ
磁力で入れ歯を固定する方法があります。

この方法なら、全ての歯を失った場合でも、
インプラントを2,3数本入れて、インプラントにつけたマグネットと、
入れ歯のマグネットが引き合う磁力で入れ歯を支えることができます。

<メリット>
・歯科用の永久磁石で、入れ歯がしっかり安定する
・自分の歯のように噛める
・バネをかける必要がないので、取り外しも簡単
・見た目が自然で綺麗
・インプラントを入れる本数が少なくてすむ

01
インプラントを2本入れて、4箇所にマグネットを装着します。
02
銀のバネがなく、見た目も綺麗です。
03

カテゴリー:

Page Top