骨が無い人のインプラント

被せ物の作り替えとアタッチメント義歯で噛めるように治療

60代女性、インプラント義歯と被せ物のやり替えを治療中の症例です。

長年かかりつけの歯科医院で治療していましたが、歯が抜けきて、義歯を作ってもなかなか噛めないが主訴でした。
お口の中を見せて頂くと、被せ物が不適合であり、下の顎の骨がだいぶ吸収されていて義歯が不安定でした。
不適合な被せ物のやり替えと、下顎はインプラントを利用して義歯が動かないように治療方針を立てました。
患者様にも了解していただき、治療を開始しました。

 

s01

 

s02

上の歯は高品位セラミックで作り替えました。

 

s03

高品位セラミックの被せ物をセットしました。
高品位セラミックは透明感があり自然の歯と見分けが付きません。

 

s04

歯茎がやせており、義歯をしっかり支えることができません。
今回はインプラントを埋入し、磁石の力で義歯を固定する治療を行います。

 

s05

歯を抜くと同時にインプラントを2本埋入しました。
抜歯即時インプラントは改めてインプラントを入れる手術をしないので、患者様の負担が軽減されます。
現在はインプラントと骨が結合するのを待っている状態です。
インプラントと骨がしっかり結合しましたら、ロケーターというアタッチメント義歯を装着します。
装着後、当症例ブログで紹介したいと思います。

カテゴリー:

奥歯を入れてアンチエイジング!

今回の症例は奥歯がなくて、家族に「顔のかたちが変わってきた」と言われ来院された方です。奥歯に入れ歯を入れた経験もあるようですが、違和感があったり食べづらかったりして入れ歯を入れなかったとの事です。

インプラントを入れようと思い、数軒の歯科医院を訪ねたそうですが、顎の骨が薄いのと神経まで距離がないということで当院を紹介され受診された50歳代 女性の症例です。

インプラントを入れる前に、CTで確実なオペができるように術前診査をしっかりして患者さんにも説明し同意を得てのオペとなりました。今では、硬いものも奥歯でしっかり噛めるので食生活もお顔の形も元に戻り充実した生活を送っているそうです。

骨がない症例(あえてオペ中のスライドは刺激的が強すぎるのでお見せできませんが)でしたが、骨を作ったり歯茎を移殖したりと時間はかかりましたが、患者さんに満足していただいたのでとても嬉しいです。これからは、定期検診で今の状態が長持ちするようにお互いに協力していきましょう。

01

02

骨や歯肉を移殖をしたりして、インプラントを入れました。
03

カテゴリー:

骨の無い前歯にインプラントをしたい

小学校の頃、体育時間にあたって歯が割れ他院で処置をしたのち、10年も長い間使っていた差し歯が折れた20代男性の症例です。
その間、神経の無い歯のまわりは炎症がおき変色してきたそうです。↓
01

02

まずは変色している部分の歯に入っている差し歯をとります。左の写真は実際に患者様の右上についていた歯です。歯の中のコア(=芯)が折れてしまっています。今回は矯正もしていたので、これ以上健全な歯を削りたくないということでインプラントを希望したそうですが、他院では骨まで無くなっているという事でインプラントは不可能と言われたうようです。↓
03

そこで当院では患者様の左下の顎から骨をとり移殖するという方法でインプラントを行うことにしました。右側は実際に左下の顎の骨を摘出した写真です。↓
04

摘出した顎の骨を無駄なく隙間にも埋め込みスクリューで固定し(=ベニアグラフト)丁寧に縫合します。↓
05

それから約3ヵ月後、当初の前歯の骨の状態よりだいぶふっくらしてきました。左側が3ヶ月前の歯茎の状態、右側が顎の骨を移殖し時間のたった状態です。↓
06

実際に移殖した骨がしっかりくっついていることを確認し、インプラント体を埋入します。↓
07

さらに2ヵ月後、インプラント体の上部に蓋をする処置を行います。↓
08

自然な前歯にみえるよう、コア(=芯)も上に被せる歯もセラミックで作りました。↓
09

ここまでくるのに一年以上かかりましたが、患者様の協力も得られたのでとても良い結果になりました。↓
10

今年も今日で診療が終わりますが、12月は特にインプラントの症例が多くほとんど毎日インプラントオペの連続でクリスマスにもオペをいたしました。来年も、患者様の「こうありたい!」「こうしたい!」というお口の悩みを少しでも解決できるように技術研鑚に努力いたしますので何卒こうづま歯科医院をよろしくお願いいたします。患者様のお幸せを祈って年を越したいと思います。
ありがとうございました。&Happy New Year!!

こうづま歯科医院 院長 上妻勝美 

カテゴリー:

歯周病で骨がやせた場合のインプラント手術

今回は…

・インプラントをすすめられていたが
なかなかふんぎりがつかなくて部分入れ歯にしていた人

・もうこれ以上自分の白い歯を削りたくない人

・入れ歯に不満足な人

・やっとの思いでインプラントを決心したが
骨がないから無理です、といわれた人

…という方に朗報です!!

患者さんは51歳の女性です。

左上の犬歯のうしろの歯が歯周病でぐらぐらしていたが、
なかなか抜くのにも踏ん切りがつかず、そのままにしていたとのこと。

しかしやはり
「白い糸切り歯を削ってブリッジにするのは嫌、もうこれ以上銀歯を増やしたくない」
ということで、今回インプラントをする決心をされました。

↓ まずはぐらぐらしている歯を抜きました。
01
左上の奥歯のところは、
歯肉が痩せて窪んでいるのがわかります。

歯周病の歯をぎりぎりまで残しておくと
歯を支えている骨がなくなってしまい
インプラントをするのに非常に難しい状態になります。

いくらインプラントが固定式だといっても、インプラントを支える骨がない場合は
インプラントの治療自体が難易度の高いものになります。

歯周病で骨がなくなったところに確実に骨をつくる方法には、
自家骨移植術といって、他の部分の骨を
骨のなくなったところに移植する方法があります。

今回の場合、歯周病で歯を抜いたことが原因であり
インプラントと、この自家骨移植術も同時に行った症例です。

骨がなくてインプラントができないと
いわれた人にも朗報ですね。

手術後、患者さんにお聞きしましたところ、
これだけの手術をしても、ほとんど痛くなかったということでした。

オペ中のスライドは、本当は一般の人にお見せしたくないのですが
参考にして欲しいので、今回途中経過を載せることに致しましたのでご了承ください。

02 03
歯がない部分は歯肉・歯槽骨の部分が  麻酔をして実際にインプラントを入れるところ
痩せてだいぶ窪んでしまっているのが   を上から見てみると骨が異常に細くなっているの
わかります。                  がわかりますよね。

↓ このままインプラントを入れたとしても
インプラントが半分くらい表面に出てきてしまうことがわかります。
そこで骨片を採取し、取り出した移植片をスクリューで固定します。
04 05

移植片を固定したところ

↓ 移植片は、左下奥歯の親知らずが生えてくる部分から
1cm×1cm程の大きさで、採取します。
06 07

↓ インプラントオペから2週間後。歯肉も骨もしっかりと回復しています。
08 09

この方法だと、骨の移植とインプラント手術が同時にできるので
患者様の身体的・精神的負担を軽減できます。

現時点で、歯の根が完成した状態です。

約3ヶ月後、インプラントを入れ、白い歯を被せて治療が完了しました。
10 11
12

アゴの骨も歯ぐきも回復し、
銀歯ではなく白い歯が入りました。
13 14

カテゴリー:

Page Top