インプラント

被せ物の作り替えとアタッチメント義歯で噛めるように治療パート2

60代女性、インプラント義歯と前歯の美しくした症例です。

 

01

 

前回、インプラント治療を本ブログで紹介しましたが、
(インプラント治療はこちらをクリックしてご覧いただけます)
今回、インプラントが骨に固定されたので、ロケーターという装置で動きにくい義歯を作成しました。

下顎の総義歯は動きやすく痛みが出やすいので我々臨床医は良い結果がでにくく難症例になる事が多いのですが、インプラントを利用するとこれらの問題が解決されるので、患者様にとってもよい治療だと思います。

 

02

ロケーターのついたアタッチメント義歯の特徴

  • インプラントを固定源とするのでズレないでよく噛める。
  • しっかり固定しますので外れる心配がない。
  • 患者様自身で取り外しができるので管理が簡単。

03

今回はインプラント義歯と被せ物のやり替えの治療でした。
抜歯即時法でインプラント治療を行い、
ロケーターというアタッチメントのついた義歯を作成しました。
患者様の外れやすい、痛い、よく噛めない、口元が不自然だという
悩みを解決できたと思います。

カテゴリー:

被せ物の作り替えとアタッチメント義歯で噛めるように治療

60代女性、インプラント義歯と被せ物のやり替えを治療中の症例です。

長年かかりつけの歯科医院で治療していましたが、歯が抜けきて、義歯を作ってもなかなか噛めないが主訴でした。
お口の中を見せて頂くと、被せ物が不適合であり、下の顎の骨がだいぶ吸収されていて義歯が不安定でした。
不適合な被せ物のやり替えと、下顎はインプラントを利用して義歯が動かないように治療方針を立てました。
患者様にも了解していただき、治療を開始しました。

 

s01

 

s02

上の歯は高品位セラミックで作り替えました。

 

s03

高品位セラミックの被せ物をセットしました。
高品位セラミックは透明感があり自然の歯と見分けが付きません。

 

s04

歯茎がやせており、義歯をしっかり支えることができません。
今回はインプラントを埋入し、磁石の力で義歯を固定する治療を行います。

 

s05

歯を抜くと同時にインプラントを2本埋入しました。
抜歯即時インプラントは改めてインプラントを入れる手術をしないので、患者様の負担が軽減されます。
現在はインプラントと骨が結合するのを待っている状態です。
インプラントと骨がしっかり結合しましたら、ロケーターというアタッチメント義歯を装着します。
装着後、当症例ブログで紹介したいと思います。こちらでご覧いただけます。

カテゴリー:

長さの違う前歯をきれいに!

30代女性、折れた差し歯をインプラントで治療し、
変色して長くなった差し歯をセラミックの被せ物で治療した症例です。

b1

 

b2

①前歯2本の高さがそろっていません。

②歯根破折した場合、ブリッジでの治療方法もありますが、ブリッジは周りの健康な歯を削る必要があります。
インプラントでの治療ですと、健康な歯を犠牲にしません。

 

b3

 

b4

今回治療で装着するセラミックの被せ物です。
色見、透明度など周りの歯に合わせて製作いたしますので自然な仕上がりになります。

 

b5

前歯の高さも揃い、きれいな歯並びになりました。
健全な歯を犠牲にしないインプラント治療は審美歯科年間300症例の医療法人健勝会へご相談ください。カウンセリングは無料です。

 

感想文b

カテゴリー:

インプラントは定期的なクリーニングで維持できます

セラミックの被せ物とインプラント治療は定期にメンテナンスを行う事できれいな状態を維持する事ができます。
当院で治療した2症例をご覧下さい。

 セラミックの被せ物の治療

症例① 平成22年10月01

症例① 平成26年7月(4年後)02

症例① 平成29年1月(7年後)03

治療から7年経っていますが、セラミックの前歯は透明感があり、隣の自然の歯と見分けがつかないくらい綺麗です。

 

 

 

 インプラント治療

症例② 平成25年2月04

症例② 平成26年11月(1年9ヵ月後)05

症例② 平成29年1月(4年後)06

インプラント治療の隣の前歯は根元が黒ずんできていますが、インプラント治療した前歯は治療後4年経っても綺麗です。

インプラント治療に興味のかる方は医療法人健勝会こうづま歯科医院、ローズ歯科アミュプラザ院、ローズ歯科オプシアミスミ院の通いやすい医院へまずはご相談ください。

カテゴリー:

根っこの折れた前歯をインプラントで治療した症例

今回は歯の痛みを主訴に来院された40代男性の症例です。
レントゲン診査の結果、前歯は歯の根っこの部分が折れていました。
残念ながら骨内で歯根が破折していたために抜かないといけない状況でした。
ブリッジを計画すると両隣のよい歯を削る必要がありますので、今回はインプラントでの治療を計画しました。

a1

 

a2

臨床的に遭遇する症例として、メタルコア装着後の歯根破折があります。
これはメタルコア(金属の土台)は丈夫なのですが、自分自身の歯が割れてくる現象です。
歯科医としては、できるだけ差し歯の治療を避けたいと思います。

a3

 

a4

 

a5

抜歯即時法は抜歯とインプラントの埋入を同時に行いますので患者様への負担を抑えることができます。

 

a6

ジルコニアは金属の土台と違って、年月が経っても変色することはありません。

 

a7

最終的に被せる歯の色を決定します。左隣の歯と調和した色に仕上げなければなりません。

 

a8

治療終了後の状態です。違和感のない歯並びになったと思います。

インプラント治療に興味のかる方は医療法人健勝会こうづま歯科医院、ローズ歯科アミュプラザ院、ローズ歯科オプシアミスミ院の通いやすい医院へまずはご相談ください。

カテゴリー:

1 / 1012345...10...最後 »

Page Top