歯ぐきの色や形の症例

高品位セラミックのブリッジできれいな前歯へ!

今回は神経の治療のやり直しと、他院で治療した被せ物の歯がしっくりこないという審美的な理由で、当院に相談に来られた30代女性の症例です。

a

写真で分かるように術前では前歯の色が不自然で、歯茎も痩せていることが分かります。
(白矢印の部分)

治療するにあたって気をつけたことは以上の2点に加えて、向かって左側の前歯2本の歯肉からの立ち上がりを自然にするということでした。
(黄色矢印部分)

 

a02

歯肉には今までの治療の傷跡が残っていました。
今回はこのような傷跡が目立たないように、切開線を設定しました。

 

a03

前歯のブリッジを外してみると歯が抜けた部分の顎の骨と歯肉にかなり吸収が起こっていました。そこで、歯槽骨と歯肉を元通りに膨らますために人工骨の補填材を入れました。
治療後、歯肉の状態が落ち着いてから、審美的な歯の治療を始めました。

 

a04

高品位セラミックの被せ物です。周りの歯と色調・透明感を合わせて製作しますので、違和感のない美しい歯並びになります。

 

a05

高品位セラミックの被せ物は金属を使っていないので裏側も白く綺麗です。

 

a06

前から見ると歯の根の部分が自然に見えるように治療完了となりました。
当院は審美歯科専門医院です。今までの治療で納得いかない方はどうぞ遠慮なくご相談下さい。

患者様よりメッセージをいただきました。

お客様の声
※画像をクリックで拡大

カテゴリー:

下がってしまった歯肉を再生する治療法「遊離歯肉移植術」2症例

遊離歯肉移植術(ゆうりしにくいしょくじゅつ)とは、上あごの口蓋から上皮の付いた歯肉を切り取り、歯根の周りに移植する事により、角化歯肉を再生する治療法です。

歯根の周りに角化歯肉( コラーゲン繊維に富んだ固く動かない歯肉)がない場合、歯ブラシの圧力に弱く、歯磨きが困難になったり、歯を支える歯肉が退縮(痩せて薄くなる状態) してしまったり、炎症などを引き起こしてしまいます。

wb01

症例1
前歯の遊離歯肉移植術の症例

40代女性の症例です。
他院にて歯周病治療を終わられた患者様が前歯の下がった歯肉を元に戻したいと来院されました。

お口の中を診てみると前歯の歯肉が下がって、お口を開けた時に見える状態でした。
歯肉が下がる原因は加齢・歯周病・歯周病の治療よるものなど様々考えられますが、下がってしまった歯肉は自然に治 ることはありません。

今回は歯周病は最初の歯科で治しましたが、歯肉が下がるという後遺症の改善目的で当院を受診した次第です。

歯肉が下がっていると知覚過敏やむし歯になりやすくなります。
また、この症例では前歯の歯肉が下がっているので見た目にも美しくありません。

健康な歯肉を再生するために「遊離歯肉移植術」による治療計画を立てました。

After

症例 Before

治療後、写真のように歯肉が再生しています。
前歯は高品位セラミックで治療して歯肉~前歯まで見た目も自然になりました。

当院ではこのように歯、歯肉にもこだわって治療いたします。

5年経過後の現在も定期的なメンテナンスで健康な歯・歯肉を維持しています。

症例2
インプラント治療中の遊離歯肉移植術の症例

50代女性の奥歯のインプラント治療中に行った遊離歯肉移植術の症例です。

04

加齢や歯周病により歯肉がなくなって、頬と歯ぐきが一体化している場合がありますがインプラント治療では固くて強い歯肉(角化歯肉)が一定量必要です。

健康で十分な量と厚みのある歯肉がインプラントを支える役割をするためです。

この患者様はインプラント治療を行う箇所の歯肉がない状態でしたので、遊離歯肉移植術により健康な歯肉を再生してインプラント治療を進めました。

「歯肉が下がって歯が長く見える」と思ったら当院にご相談ください。
当院では経験豊富な歯科医師がお口の状態に応じて遊離歯肉移植術を行います。

 

カテゴリー:

Page Top