歯の色を美しく自然にした症例

むし歯が進行し変色した前歯をセラミックで治療

20代女性の前歯の虫歯治療をセラミックの被せ物で治療した症例です。

a01

お口の中を診せていただくと、虫歯が進行しており、歯を削り神経を抜く治療が必要でした。

削った箇所に保険治療ですとコンポジットレジン(歯科用プラスチック)、自費診療ではセラミックの歯を被せる治療があり、
カウンセリングでそれぞれのメリット・デメリットを患者様に説明しました。

【コンポジットレジンのメリット】
治療費が安い(保険治療)

【コンポジットレジンのデメリット】
表面のレジンが年数が経つと変色する。
裏面と中が銀色。

【セラミックのメリット】
自然な色、透明感があり、綺麗な歯並びが再現できる。
年数が経っても変色しない。

【セラミックのデメリット】
保険が効かない(自費診療)

a02

今回の症例ではセラミックの歯を被せる治療を選択されました。

a03

治療後です。綺麗な歯並びになりました。

前歯の治療でお悩みの方、当院にご相談ください。
審美歯科の経験豊富なドクターが治療を担当します。

患者様よりメッセージをいただきました。

お客様の声
※画像をクリックで拡大

カテゴリー:

医療法人健勝会は鹿児島市内に4院を展開する歯科グループです。
受診しやすい医院を選択してください。

神経を抜く治療後にセラミックの被せ物

a01

前歯をセラミックの被せ物で治療した症例です。

 

a02

今回の症例ではむし歯が大きくなり、神経まで達していました。このような場合は抜髄(神経を抜く治療)
を行います。
歯冠(歯の見える部分)を削りますので、削った前歯をセラミックの被せ物で治療します。

 

a03

左:周りの歯と違和感のないように確認して色を決めます。

右:出来上がったセラミックの被せ物は患者様の歯の模型で形を確認します。

 

a04

治療後の前歯です。周りの歯と比べて色味に違和感がなく、またセラミックの被せ物は透明感も自然の歯と変わりません。
今回の症例のようにむし歯が進行して歯を削る治療が必要な場合、セラミックの被せ物できれいに治せます。

セラミックの被せ物で前歯をきれいに治療したいとお考えの方、当院の無料カウンセリングにご相談ください。

カテゴリー:

医療法人健勝会は鹿児島市内に4院を展開する歯科グループです。
受診しやすい医院を選択してください。

変色した前歯をセラミックの差し歯で治療

b01

変色した前歯をセラミックできれいに治療した症例です。

白い部分がプラスチックで作られている被せ物は経年劣化で色が変色します。

 

b02

口腔内を診せていただくと、保険治療で数年前に治療した前歯が原因で変色していました。
銀合金の金属の上に白いプラスチックで化粧した歯はこのようになりやすいです。
銀歯は口腔内では黒く見え、歯肉を変色させることがあります。

 

a02

周りの歯の色を確認してセラミックの被せ物を製作します。
セラミックの冠は天然の歯に近い透明感があるので、装着後にも違和感がありません。
経年変化もほとんどありません。

 

a03

歯肉の黒さも消えて健康なピンク色の歯肉が蘇りました。

 

前歯が気になっている方は一度当院の無料カウンセリングでお悩みをお聞かせ下さい。

カテゴリー:

医療法人健勝会は鹿児島市内に4院を展開する歯科グループです。
受診しやすい医院を選択してください。

前歯の変色と奥歯のインプラント治療

60代女性の患者様より「変色した前歯を綺麗にしたい、抜けた奥歯を治療したい」と相談を受け、前歯を高品位セラミックの被せ物、奥歯をインプラントで治療した症例です。

 

1

 

 

2

お口を見せていただくと、被せ物が変色し、土台の金属も見えている状態でした。

 

3

今回治療で装着するセラミックの被せ物です。
高品位セラミックの被せ物は変色の心配がありません。

 

4

セラミックの被せ物で写真のようにきれいな前歯になりました。

 

5

 

6

失った奥歯はインプラントで治療しました。

7

 

治療した前歯で口元が綺麗になりました。
奥歯もインプラントで治療しましたので、これからは奥歯でしっかり噛むことができるようになります。

審美歯科年間300症例の当院ではインプラント治療を含めて、患者様一人ひとりの状態に応じた治療計画をご提案いたします。

カウンセリングは無料です。医療法人健勝会の3医院にご相談ください。

カテゴリー:

医療法人健勝会は鹿児島市内に4院を展開する歯科グループです。
受診しやすい医院を選択してください。

ジルコニアクラウンで変色した前歯をキレイに

30代女性の症例です。
以前治療した前歯が変色しているので、お口の中を診せていただくと、前歯はレジン(歯科用プラスチック)で治療してあり、この歯に経年変化による変色とコーヒーなどの着色がありました。
今回は高品位セラミックによる治療計画を立てました。

a01

a02

矢印の箇所は歯茎との間に隙間ができていました。原因は不適合な被せ物にあり、歯肉に炎症が起こり、結果として歯肉退縮したものです。

a03
銀の土台まで外したかったのですが、レントゲンで確認したところ、外してしまうと、根っこに悪影響を及ぼしそうでしたので、今回はこのままで治療することを決断しました。

a04

周りの歯に合わせて色味、透明感を調整して製作いたします。

a05

銀の土台が透ける事なく自然でキレイな前歯になりました。 ジルコニアという材料は中の銀色を写しだないのでこのような症例においても有用な材料です。 前歯の変色が気になる方は医療法人健勝会こうづま歯科医院、ローズ歯科アミュプラザ院、ローズ歯科オプシアミスミ院の通いやすい医院へご相談ください。

カテゴリー:

医療法人健勝会は鹿児島市内に4院を展開する歯科グループです。
受診しやすい医院を選択してください。

1 / 1612345...10...最後 »

Page Top