銀歯を白くした症例

健康な歯を守り、長く丈夫に使いたい

左側を噛みあわせると奥の方が痛いという50代男性の症例です。
既に一番奥の歯は30年前に上下とも神経を取っているところに銀歯を被せているようでした。
01

02

銀歯は金属ですので歯としっかりなじむことがなく、どうしてもすき間ができてしまいます。そのわずかなすき間に汚れがたまり再び痛みを起こす原因となります。また、歯はとても丈夫で強いイメージがありますが銀歯と歯が噛みあうたびに常に金づちでたたいている状態になっています。これでは、せっかく治療した銀歯のために噛みあう健康な歯までも駄目になってしまいます。

少しでも健康な歯を守るために、歯に優しく奥歯に最適なジルコニアを選択されました。
奥歯はしっかりとした噛み合わせの必要なところですので、他の健康な歯を長く守るためにも是非治療をお勧めします。

カテゴリー:

前歯にある銀色のふちが気になる

前歯の歯ぐきのふちが気になられた50歳女性の症例です。何年も前に処置をされたようですが、最近グラグラしてきているということで、今回オールセラミックで治療を行いました。
特に口元のなかで一番目につきやすい前歯ということで、審美的な要素や歯の機能性も兼ね備えたオールセラミックの治療が最適です。
s20100831121708 s20100831121722

今までよりもずっと口元が明るく見えます。
また思いっきり笑っても気になりません。
天然の歯に近くとても自然な仕上がりです。
以下は、患者様からいただきました感想文です。
同じようにお困りのかたは是非参考にされてみてください。↓
s20100928090829

 

カテゴリー:

歯を綺麗にしたい!

50代の女性の症例です。
・差し歯やご自分の歯の変色を改善したい
・銀歯を白くしたい
・左下の奥歯が無いので綺麗な歯を入れたい

というご要望があり、遠方から1時間かけて来院されました。

<術前の状態>
01

<術後の状態>
02

左下の奥歯は2本無い状態です。
歯を抜いてから長期間経っていた為に、顎の骨が細くなり、インプラントを入れることができない状態でした。
そこで、まずはインプラントを入れる前に骨を造る処置をしました。
03

骨ができたので、インプラントと土台を入れました。
04

白い被せ物をして、綺麗で丈夫な歯を手に入れることができました。
05

最後に患者様の治療後の感想文を掲載しますので、参考になさって下さい。
06

カテゴリー:

気になる「銀歯」の悩みを解消!

今回は50代の女性の症例です。

以前他院で入れた銀歯がずっと気になっているので
白い歯に変えたいということで、遠方より来院されました。

まずは術前・術後の状態をご覧下さい。

01

特に、左下の銀のブリッジの見た目が気になるということで、
インプラントをして白い歯を入れることになりました。

ブリッジは、
隣の歯を削って橋渡しをして被せる治療方法です。
もともと健康だった歯を削るうえに、失った歯の分まで噛む力の負担がかかるので
更に歯を痛めてしまう可能性があります。

また、後々どれか1つの歯が悪くなった時に、
他の歯まで道連れとなってやり直す必要が出てきます。

このブリッジをインプラントに入れ替えることで

・見た目が天然の歯に近く、口元が美しくなる
・ブリッジを支えていた、周りの歯の負担がなくなる。
・しっかり噛めるので、食事もストレスなく食べられる。
・歯が長持ちする。

などのメリットがあります。

その他の治療は以下の通りです。

●上の前歯の差し歯(裏側が銀でした)を白い歯(オールセラミック)に。
●右下の奥歯の銀歯を強度のある白い歯(ジルコニア)に。
●左上の銀の小さな詰め物を白い詰め物(ハイブリッドインレー)に。

銀歯を白くしたことによって、口元の印象が明るくなりましたね。

カテゴリー:

綺麗な白い歯を取り戻したい!

30代の女性の症例です。

左下の奥歯を2本失ったけれど、結婚や出産で忙しくなり、そのままにしていたとのこと。
今回インプラントによる治療を希望されて来院されました。

<術前>
01
<術後>
02
横から見た状態です。
03 04

ただ噛めるようになっただけでなく、白く綺麗な歯が入って笑顔が更に魅力的になりました(^▽^)

カテゴリー:

1 / 41234

Page Top