前歯の変色・歯並びをセラミックの被せ物で治療

40代女性の前歯をセラミックの被せ物で治療した症例です。
「歯並びの悪さと変色が気になる」と相談を受けました。

 

a01

お口の中を診せていただくと、前歯が重なっており、また、前歯2本が失活歯(歯の神経が死んでいる状態)で変色していました。
今回はこの前歯2本をセラミックの被せ物で治療する治療計画を立てました。

 

 

a02

シェードガイド(色見本)を使って、被せる歯の色を決定します。
セラミックの被せ物は色味、透明度を自然の歯に合わせて製作できます。

 

 

a03

治療後の写真です。
前歯の重なりもなくなり、周りの歯と比べても治療した歯が分からないくらい自然な仕上がりです。
「コンプレックスが解消され、気持ちもすっきりしました」と患者様から喜んでいただき、担当した私も嬉しく思います。

感想文

カテゴリー:

Page Top