二次虫歯をインプラントで治療

50代女性の症例です。
以前治療した奥歯が激しく痛みだしたと来院されました。
お口を診せていただき、レントゲンで確認すると銀歯を被せた奥歯が二次虫歯になっていました。

002

痛みの原因の虫歯を治療します。
銀の被せ物の下で二次虫歯が進行していましたので、抜歯が必要でした。
今回は「周りの歯を犠牲にしない」、「自分の歯を同じように噛める」「自然の歯と同じ
ようなきれいな仕上がり」になるインプラントでの治療計画を立てました。

a02

 

 

a03

縫合した箇所を少しだけ切開しアバットメント(土台)を被せます。

 

a04

今回使用する高品位セラミックの被せ物です。色、形が自然に見えるように製作します。

 

a05

高品位セラミックの被せ物を装着しました。見た目も美しく、自然の歯と同じように噛むことができます。
また周りの歯も高品位セラミックで治療しましたので、お口の中全体がキレイになりました。

以前治療した奥歯が虫歯になったら医療法人健勝会の3医院にご相談ください。
審美歯科年間300症例の当院ではインプラント治療を含めて、患者様一人ひとりの状態に応じた
治療計画をご提案いたします。

カテゴリー:

Page Top