奥歯のインプラント

60代男性の症例です。
抜けた左下の歯の相談で来院されました。

a0101

このままにしておくと噛めないだけではなく、周りの歯にも悪影響を与えます。

周りの健康な歯を削りたくない、入れ歯は良く噛めないとのことでしたので、インプラントでの治療計画を立てました。

 

a02

インプラント一次手術では、歯肉を切開しインプラント体を顎の骨(歯槽骨)に埋め込みます。

3ヶ月後、インプラント体と顎の骨が結合しましたので、二次手術を行い、被せ物の土台を装着します。

 

a03

高品位セラミックの被せ物です。色、形が自然に見えるように製作します。

セラミックをインプラントにスクリューで固定する方法で歯を作りました。

a04

 

 

a05

矢印の箇所が今回インプラントで治療した歯です。
どの歯がインプラントで治療した歯か分からないほど周りの歯に調和しています。

歯を失ってそのままにしている方はいませんか?
当院のインプラント治療は患者様のお悩みを専門のカウンセラーがお聞きし、審美歯科年間300症例の実績のある歯科医師が患者様一人ひとりのお口の状態に合わせて治療計画を立て、十分に説明し患者様が納得してから治療を行います。

インプラント治療に興味のかる方は医療法人健勝会こうづま歯科医院、ローズ歯科アミュプラザ院、ローズ歯科オプシアミスミ院の通いやすい医院へまずはご相談ください。

カテゴリー:

Page Top