ジルコニアクラウンで前歯を綺麗にした症例

40代女性の前歯を綺麗にした症例です。

before→after

むし歯の治療と前歯の変色を気にされ来院されました。

患者様より「歯医者に苦手意識がある為、なるべく短い回数で治療を終わらせたい」との要望がありました。

むし歯・歯周病の治療を行い、変色の気になる前歯は「ジルコニアクラウンとファイバーコア」による治療計画を立てました。

Before

症例 Before

前歯が変色しているは20年前の治療で神経を抜いたことが原因です。

また、差し歯の表面のプラスチックが欠けて、中の金属が見えています。

ジルコニアクラウン(被せ物)

症例 途中経過

実際に被せたジルコニアクラウン(被せ物)です。

ジルコニアクラウンとは、白色のジルコニア(セラミック)を使用した金属を一切使用しない被せ物です。
金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配が無く、強度を強いといった特徴があります。

セラミックパウダーを何層にも重ねて焼き付けることで自然の歯と同等の透明感のある被せ物になります。

After

症例 After

ジルコニアクラウンとファイバーコア(白色の土台)での治療後の写真です。

とても綺麗な歯になりました。

これからは前歯を気にせずに会話や笑えることでしょう。

 

「前歯の変色が気になるけど、歯医者は苦手・・・」という方へ。

当院では初診時に個室でカウンセリングを行います。お口のお悩み、気になっていることなど専門のカウンセラーがお話を聞かせていただきますので、「歯医者が苦手」な方でもリラックスしてご相談いただけます。

治療についても治療計画を分かりやすく担当ドクターが説明いたしますので、「何も説明の無いまま」治療が進むことはありません。安心、納得して治療を受けることができます。

 

カテゴリー:

Page Top