ボロボロで噛めなかった歯をインプラントで治療

30代男性の症例です。

こうづま歯科医院のホームページをご覧になり、

虫歯で歯がボロボロなので診て欲しいとのことでご来院されました。

lead

 

カウンセリングでは「歯がなくて困っている。以前と同じように美味しく食事ができるようになりたい。仕事柄、なるべく綺麗な歯でいたい」との相談がありました。

検診とレントゲンと3DCTによる診断の結果、抜歯が必要な歯が多数ありました。抜歯が必要な歯には固定式のインプラントを、残せる歯には高品位セラミックによる治療を提案しました。

Before

症例 Before

初診時、治療前の写真です。

虫歯が進行し、歯の根っこだけが残っている状態です。

After

症例 After

治療後の写真です。

抜歯をしたところには固定式のインプラントを入れ、残せる歯は長持ちするよう高品位セラミックでの治療を行いました。

 

今回のインプラントは抜歯とインプラント埋入を同時に行なう『抜歯即時法』で治療しました。

この治療方法のメリットは外科処置の回数が少なくできますので患者様の身体的、精神的負担が軽くなります

「抜歯即時法」は術者の高度な技術が求められる治療方法です。

症例 Before
症例 After

インプラントオペの様子です。(写真は観血処置のため、白黒に加工しています。)インプラントが骨に固定されるまでの期間はその他の虫歯の治療や、歯周病治療を行いました。

インプラントを埋入してからインプラントが顎の骨に固定されたことを確認後、インプラントの頭出しを行い、かぶせ物の連結部まで治療した状態です。

症例 Before
症例 After

模型での確認作業を行います。

右下のインプラントにかぶせ物が入った状態です。

今回は上下左右の多数歯にわたる症例だったため、全体のかみ合わせも考慮しながらの治療となりました。

全体のかみ合わせを調整することでしっかりと噛めるようになります。

治療後、しっかりと噛めるようになったことで頬の筋肉がスッキリとされ口元が若返られた印象になりました。

患者様からも「ボロボロだった見た目が良くなったことはもちろん、噛めるようになって本当に良かった」とおっしゃっていただきました。

現在は月に1回ご来院していただいております。これからも定期メンテナンスで今のいい状態を保っていきましょう。

 

当院のインプラント治療は23年の実績があります。

インプラントを諦めていた方や、入れ歯の不自由さに悩んでいる方、当院に一度ご相談ください。あなたに最適な治療方法をご提案できます。

ご相談は医療法人健勝会 『こうづま歯科医院・ローズ歯科医院(アミュプラザ鹿児島・オプシアミスミ)』3つの医院どこでも可能です。

お電話お待ちしております。

カテゴリー:

Page Top