前歯の黒いふちが気になる。銀色の被せ物を白くしたい。全体的に治療したい。

前歯の虫歯がきっかけになり入れ歯をいれたくないということで全体的に治療をご希望された60代女性の症例です。特に気になっていた前歯はブリッジでつながっていました。装着してから時間が経ち歯茎がやせてきていました。前歯を支えていた土台(コア)の銀色が見えてきて冠のふちが黒く露出していました。また、白い部分も変色していました。
01
以下のスライドは前歯のブリッジを外した状態のものです。外してみると根っこが割れていました。
02

03
前歯のインプラントが入っているところに新しい被せ物をセットします。
04 05
今回は上の糸切り歯が自分の歯なので白い土台を入れました。また前歯の冠のふちが黒く目立たないようにインプラントと被せ物の連結部(アバットメント)も白い材料であるジルコニアアバットメントを使用しました。通常、奥歯は強度的に強いチタンのアバットメントを使用しています。前歯の被せ物がしっかりと固定するようにセットします(↓実際に被せるセラミックとアバットメントです)
06

右上のインプラントが入っているところに新しい被せ物をセットします。
07 08
実際に右上に被せたものです。しっかりと固定します。(↓実際に被せるセラミックです)
09

右下のインプラントが入っているところに新しい被せ物をセットします。
10 11
下顎も歯のない奥歯にインプラント治療をおこない入れ歯ではなく固定式の歯になりました。実際に右下に被せたものです。しっかりと固定します。(↓実際に被せるセラミックです)
12

左のスライド:治療前の上顎  右のスライド:治療後の上顎
13 14

左のスライド:治療前の下顎  右のスライド:治療後の下顎
15 16

17
上顎は銀の詰め物や被せ物がほぼなくなり、白く自然な色の歯になり明るい口もとになりました。

カテゴリー:

Page Top