前歯で痛みなくしっかり噛みたい

今回は右上の前歯①に痛みがあり思うように噛めないということでご来院された50代女性の症例です。
01
02
↓以前から被せものをしている歯でフロスを通すとグラグラしているようでした。実際にレントゲンで確認してみたところ根っこが割れていたようです。左写真を拡大してみると、薄い影が見えます。これは、自分の歯と被せ物の間にすき間ができているためしっかりくっついていない状態と言えます。
03
↓痛みのあったところに実際に入っていたものです。やはり割れていました。
04
↓歯の根っこに病巣が見当たらなかったことから抜歯した当日にインプラント(使用メーカー:ノーベルバイオケア)を埋入しました。
通常のインプラント治療は、抜歯して数か月経過してからインプラントを埋入することが多いのですが、埋入できる十分な骨の量がある、歯周病にかかっていないなどの条件を満たしている方におすすめできる方法です。
また、今回は唇側の骨が薄かったためインプラントが安定するように骨組織を再生させる方法(GBR法)を行いました。骨がつくられ、インプラントが自分の骨と密着する間刺激を与えないようにコラーゲンの製剤を入れ縫合しました。
05

抜歯後、すぐにインプラントを埋入するメリットとして・・・
●切開や、はく離をしなくて済む事が多いので痛みや腫れが少ない。(抜歯程度)
●抜歯とインプラント手術の2回の外科処置が1回の手術回数で済むため身体的、精神的負担が少ない。
●抜歯と同時にインプラント埋入するので治療期間が短くて済む。
●抜歯直後は、生体の治癒力が活発に働くため傷口の回復が良い。
●歯肉(歯ぐき)などの軟組織の形態が維持しやすい。
●早期に審美性が回復する。
などがあります。

ただし、通常のインプラントの埋入と違い手術のテクニックが相当必要です。またどんなケースにでもできるわけではありません。

↓患者様の模型に被せてみて色や形を確認します(左写真)。実際に右上前歯2本にはめるものです。①はインプラント用で歯と歯の中のコアのセットになります。もう一つの歯は歯茎のふちが黒く見えていたのでやりかえる事になった②の歯になります。(右写真)
06 07
↓②の歯はもともとの自分の歯に、被せ物をつけました。当初の前歯の痛みや歯茎のふちの黒ずみもなくなり周りの歯と見分けがつかないくらいに仕上がることができました。
08
↓インプラント治療1年後の状態です。レントゲンでみてもインプラントがしっかりと固定されているのが分かり経過は良好です。
09 10

カテゴリー:

Page Top