前歯の歯ぐきの境目が気になり、グラグラしている

前歯がグラグラし、歯と歯ぐきの境目が気になるとのことでご来院された40代女性の症例です。
01
(↓左側から見た状態)              (↓右側から見た状態)
02 03
↑糸切り歯との間に大きくすき間があき、前歯が飛び出てきています。これ以上飛び出てくると自然と歯が抜けてしまいます。だいぶ歯周病が進んでいる状態です。
04
レントゲンでみると上顎の骨に歯がくっついていないことがわかります。
治療は抜歯しかありませんでした。
05
4本あるうち、歯の根っこに原因のあった2本を先に抜歯し、残りの2本を残した状態にしておくことで出来るだけ仮歯をつけておけるようにしました。インプラント治療前に残り2本を抜歯しました。

抜歯後の選択肢としては、インプラントか義歯しかありません。ご本人も前歯でしたので金属のばねが見えたり動いて不安定な義歯をはめるよりも、見た目も良く自分の歯のようにしっかり噛めるインプラントを選択されました。

まず一次オペとして幸い歯を支える骨が残っていたので、抜歯してすぐにインプラントを4本埋入し仮歯まで装着することができました。当院では治療当日から実際の被せ物が入るまでの間、仮歯を入れることができるのでご安心ください。

数ヶ月後ジルコニアの土台とセラミックの被せ物をつけ、白く自然な口元に仕上がりました。土台がジルコニアなので、前歯の審美面も解決できます。
06 07
08 09

カテゴリー:

Page Top