見た目も自然なインプラント治療をしたい

今回は、右上犬歯の後ろの歯2本が、抜いたままと根っこだけの状態で来院された症例の報告です。
前後の歯に負担をかける固定式のブリッジにはしたくないということで、
インプラント治療を選択しました。

患者様の要望で、見た目を自然にして欲しいということでしたので、
審美的なインプラント治療を計画しました。

CTによる術前診査を行い、患者様に治療完成予想モデルを見せながら、
双方納得して治療に入りました。

3ヶ月後、インプラントの上に審美歯科治療を行い、治療終了となりました。

01 02

抜歯と同時にインプラントをする「抜歯即時インプラント」と通常のインプラント埋入を同時に行い、患者様の身体的・精神的負担を軽減しました。
03 04
自然な治療の仕上がりに患者様も満足してくださり、最初のご要望に応えることができて私も嬉しくなりました。本当に良かったと思います。
当院のインプラント治療は、単なる固定式の義歯ではなく、自然で審美的な機能回復ができるのが特徴です。

カテゴリー:

Page Top