入れ歯が合わず痛い。しっかり噛めるようになりたい

数年前から下の歯に義歯をつけており、痛みや腫れを繰り返している60代男性の患者様の症例です。時間が経ち歯ぐきがやせて義歯が合わなくなってきたようです。無理をして使い続けていましたが、その義歯が割れてしまったようです。
何度も義歯の調整やお手入れを行わないといけない事や、痛みなく自分の歯のようにしっかり噛め美味しく食事をとりたいという希望でインプラントを選択されました。
01
02
03

合わない義歯をそのまま使い続けると固定するための金具が当たって痛みが出たり、義歯がはずれやすくなりついには食事の時しか義歯をつけなくなるなど、ますます噛む力は衰え食べ物の消化が悪くまた噛むことで刺激を受ける脳も働きにくくなります。インプラントは健康維持とより快適な生活のために最適な選択肢と考えられます。

カテゴリー:

Page Top