健康な歯を守りながら奥歯の痛みをとりたい

下の奥歯が1ヶ月前から痛いといわれる30代女性の患者様の症例です。写真は銀歯がとれている状態です。
01
以前撮ったレントゲンで診断してみると神経の無い歯に大きな銀歯が被せてあったため、毎日噛み合せている間に歯の根っこが割れてきていました。この歯は抜歯をするしかありませんでした。
02
抜歯する歯の周りは健康できれいな歯だったため、ブリッジにして後々隣の歯まで負担をかけてしまうよりは、抜歯する歯のみ治療するほうが他の歯も長持ちするという事でインプラント治療を選択されました。
模型の状態で土台の確認を行います。右の画像は実際にセットするセラミックです。
03 04
埋め込まれたインプラントにセラミックの被せ物をセットします。
05 06
抜歯後2ヶ月目で右下のインプラント埋入という早期の処置です。レントゲンで抜いた歯の形も確認できますが、今後インテグレーションしてきます。
07
周りの歯に影響を与えず違和感なく仕上がっています。
08
奥歯は噛む力も強く負担がかかりやすい場所です。歯に近い素材でしっかりとした噛み合せができるインプラントは身体の健康を考える上で最適な治療だと言えます。

カテゴリー:

Page Top