前歯をインプラントで治療して見た目も良くなり、 よく噛めるようになりました

40代女性、前歯をインプラントとセラミックの被せ物で治療した症例です。

01

 

歯科が5~6年ぶりということで、お口の中を診るとプラスチックの前歯が変色したり、むし歯が進行して被せ物の土台を作り直すのが難しい状態でした。
今回はインプラントで土台を作り、セラミックの被せ物で前歯を治療する計画を立てました。

02

インプラントを合計4本入れてインプラントに土台を装着した写真です。
前歯は抜歯してすぐにインプラントを入れました(抜歯即時インプラント)。
抜歯即時インプラントは歯を抜くと同時にインプラントを入れるので患者様への治療のストレスが軽減できます。

 

 

03

通常でしたら取り外し式の義歯になるところでしたが、インプラント治療することによって取り外しをしないセラミック治療で終わる事ができました。

審美歯科年間300症例の当院ではインプラント治療を含めて、患者様一人ひとりの状態に応じた治療計画をご提案いたします。

カウンセリングは無料です。医療法人健勝会の3医院にご相談ください。

カテゴリー:

Page Top