矯正日記003

こんにちは。

矯正日記3回目です。

前回の治療後、どの矯正器具を使用するかサイズあわせを行いました。

実際に器具を装着した写真です。

s20121208161422

 

左右の奥歯に銀色の輪が入りました。これを「バンド」と呼びます。
この「バンド」を装着するために、前回まで水色のゴムを歯と歯の間にはさんでいたのです。

ゴムを装着していたので、歯と歯の間にすき間ができ、スムーズに「バンド」をセットすることが出来ました。

セットした「バンド」に先生がつくったワイヤーをセットします。
実際に私が装着した器具はこちらです。

 

s20121208165825

このワイヤーを使用した器具は「上顎拡大装置」といい、「クワドヘリックス」とも呼ばれます。
私のは並びはV字にならんでいてるため、歯を並べる前に顎を広げる器具つけて上顎を広げる必要がありました。

 

s20121208180041

 

 

「クワドヘリックス」のワイヤー部分は既製品ではなく先生が1本のワイヤーから製作します。
歯に負荷をかけて上顎を広げるために、正確な器具を製作する必要があります。
そのために、事前にどの器具を使用するか決め患者様の歯を再現した
模型をとり患者様のお口にオーダーメイドの器具を装着します。

症例によって異なりますが、私がクワドヘリックスを装着する期間は3ヶ月の予定です。
セットしてから1ヶ月ほどあとに、器具の調整を行う予定です。

次回は、調整の様子をアップします。

お楽しみに♪

カテゴリー:

Page Top