• スタッフブログ
  • こうづま歯科医院
  • ローズ歯科医院
  • ローズ歯科医院

歯ぎしりの原因と影響について

みなさんこんにちは(^^)

オプシアミスミローズ歯科医院の久木山です。

今日から6月ですね!先日は鹿児島も梅雨入りのニュースが入ってきました。

朝晩と梅雨冷えの肌寒い日もありますので、風邪などひかないようご注意くださいね。

 

さて、みなさんは朝起きるとなんとなく顎の辺りが痛い、

または違和感を感じた経験はありませんか?

それはもしかしたら就寝中に歯ぎしりをしている可能性があります。

今回はその歯ぎしりの原因と歯ぎしりをする事によって起こる悪影響をご紹介します!

< なぜ歯ぎしりをするのか? >

①ストレス  ②食いしばり

③アルコールやタバコによる睡眠不足  ④歯並び

以上が歯ぎしりをする原因として主にあげられます。

<歯ぎしりを放っておくと…>

◆ 顎関節症になる     ◆ 歯並びが変わってくる

◆ 頭痛、肩こりを引き起こす ◆ 歯周病が悪化する

というように様々な症状を引き起こすリスクがあります。

より悪い症状を引き起こさないためにも当院では治療の一環として

マウスピースの使用をお勧めしています!

image2

患者様1人1人の歯の形、顎の大きさに合わせて作成を行います。

色は透明のものになっているので目立ちにくいものになっています♪

 

このマウスピースを寝る時に装着することによって、

歯や顎にかかる負担を軽減し、歯ぎしりの症状を和らげてくれます。

歯ぎしりでの顎の痛み等で困っている方は保険も適用されますので、

この機会にぜひマウスピースを作ってみてくださいね!

カテゴリー: ブログ

コメントを残す


Page Top